The West Wing放映再開のためのロビー活動:NHK見ない運動も継続

 春からの海外ドラマでも、「ザ・ホワイトハウス5(原題:The West Wing)」は放映されないようです。NHKの番組編成センスに疑問点です。

 いよいよ、米国では、大統領選2008に向けて、予備選が始まりますし、日本でも官邸強化ということで、米国のホワイトハウスを参考にしようということで議論が進んでいるのに、その、最高のレッスン材料であるドラマを放映しないということはありなのでしょうか。

 NHKは、受信料ベースと税金を元に放映しているのであるから、視聴率を基準に考えるのではなく、もっと、教育効果など、さまざまな基準を元に、多元的にコンテンツ編成を考えても良いと思います。

 というか、NHKが視聴率主義に走ったら、民放と変わらないのではと思います。放送の多元性確保のためには、NHKのような形式と民放の形式の2つが必要だと思いますが、NHKが民放化する必要はないと思います。

 そこで、再度、NHKに放映再開の要望書を送りました。次の秋のシーズンからの再開に向けて、運動を展開していきたいと考えております。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

首相官邸

Shumpei_7_5

 日本では、政治ものは、あまり流行らないみたいです。昔、フジテレビで放映されていた『ジュニア 愛の関係』は、とても好きだったのに。主演は、高嶋政伸、加藤雅也。確か、早坂茂三、橋爪功、西岡徳馬、片岡鶴太郎、松雪泰子、田中美奈子、水野真紀とかが出演していた。実は、これまで見たドラマの中で、最高のヒット作のひとつだ。

 実は、ぼくの『永田町のタヌキたち』は、『ジュニア 愛の関係』に触発されて書かれたものです。小学生のころから中学生の頃に書いていた小説や脚本などは、紙媒体なので、引越しのタイミングで、どこかに行ってしまいました。確か小学校2年生のときに、初めて長い小説として書いたのが、『国鉄最後の日』でした。

 ただ、いま思い返してみると、『永田町のタヌキたち』のストーリーは、陰謀で殺された大物代議士の息子が出馬して、総理大臣になっていくというストーリー。これは、『加治隆介の議』のストーリーでもある。中学生の頃に、『加治隆介の議』は読んでいなかったはずので、偶然の一致かもしれない。

 さて、こんど、新しく、『首相官邸』というドラマを作ってはどうかと思っている。もちろん、The West Wingの日本版だ。もし、ドラマを作ってくれるのであれば、脚本は喜んで書きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The West Wingを見るために

Yaoita0716_1_3

 このままThe West Wingが第5シーズン以降、放映されない場合のことを考えなければいけません。

 DVDで引き続き発売されるのであれば良いとしますが、第4シーズンのDVDも発売予定がいまのところ見通しが立たずです。

 とりあえず、NHKがもう放送しないのであれば、NHKを見放し、NHKそのものが民営化・規模縮小という方向で行って頂き、スーパードラマテレビに頼るしかありません。

 そのためには、スカパーかスカイパーフェクトに加入、ブロードバンドのテレビに加入、もしくはケーブルテレビに加入という選択肢になりそうです。スーパードラマテレビは、1年足らずで、第3シーズン放映まで来ていますから、早ければ、来年の春には第5シーズンが放映されるはず。そこで、ケーブルテレビへの加入かなと思います。

 あとは、リージョンコード1のDVD機器を購入して、DVDを第7シーズンまでアマゾンで購入という手でしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

選挙:総理大臣になるために超えなければいけないもの

Poster

安倍さんは、官邸をホワイトハウス型にしようと、いろいろと人事をしているのですが、なぜ、安倍さんは、ホワイトハウス型が好きなのでしょうか?そのあたり、誰かご存知であれば教えてください。ひとつの予測ですが、もしかすると、安倍さんは、The West Wingのファンだったりして。The West Wingを見ていたら、ホワイトハウスに憧れてしまいます。昨年、渡米したとき、D.C.の街を散歩していたときから、ドキドキしたし。ホワイトハウスまで行ったときは、もう、The West Wingのテーマが頭の中で流れていましたよ。「ジョシュはどこだ~」みたいに。(ぼくは、個人的には、どちらかというと、サムだと思っていますが。ただ、第4シーズンで降板してしまうので、やはりジョシュかな) テレビのトーク番組を見ていて、ブラッドが普通に出ていたのには、本当に驚きましたというか、感動しました。安倍さんが、The West Wingファンでしたら、Season 5以降の放映再開運動を支持をください!

あと、法改正で報道官を新設するようなのですが、やはり、The West Wingファンとしては、女性報道官でお願いします(C.Jみたいに) そうすると、小池百合子安全保障担当補佐官を報道官に横滑りでどうでしょうか。安全保障担当補佐官は、田中明彦先生とかはどうでしょうか。世耕さんは、どちらかというと、トビー・ジーグラー的に広報部長的な広報担当補佐官が良いと思います。こんどの人事的には、環境省から行った清水康弘さんがスピーチライターという感じなのでしょうか。それとも、長谷川栄一さん?

※選挙ポスターみたいのを作ってみたのですが、やはり、コピーが大変ですね。その点、やはり、小泉さんの「改革は止めるな」というのを超えるのは、なかなか大変です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ザホワイトハウス5続報

Yaoita0716_1_2

 NHKに放映の要望を出したところ、下記のような返答が届きました。
 やっぱり、放映予定はないとのこと。大変残念です。The West Wingは、ただのドラマではなくて、政治の勉強になる娯楽&教養ドラマなのに。安倍さんが新しい首相になったら、ホワイトハウス型の官邸にする方向性を打ち出しておりますが、じゃあ、具体的にホワイトハウス型の官邸の姿って、何なの?ということを知るには、West Wingを見るのが、最も勉強になる。あれは、「民主主義とは何か」という勉強になるのですよ。

 もちろん、日本は議院内閣制で、米国は大統領制と政治システムは違うのですが、民主主義の本質は変わらない。

 このあたりのことも、視聴率とかだけではなくて、もっと様々な要素で考えて欲しい。

 21世紀は、国民がよく知り(Well-Known)、よく考え(Well-Thought)、よく決断する(Well-Decided)という民主主義が求められると思います。そのために、メディアの役割も考えていくべきではないかと思うのです。

------------------------------------------------
いつもNHK海外ドラマをご覧いただき、
ありがとうございます。

大変申し訳ございませんが、残念ながら現時点で、
NHKで「ザ・ホワイトハウス」の第5シリーズを
放送する予定はございません。

NHKでは、1年に2回ずつ、編成の見直しを行なって
おります。その過程で、視聴者の皆様の反響や、
ほかの番組とのバランスなど、様々な要素を鑑みた上
での議論を行ない、最終的に放送する作品を決定して
いきます。

「ザ・ホワイトハウス」の続きを楽しみにしていただいて
いた視聴者の皆様には大変申し訳ございませんが、
何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

これからもNHKの海外ドラマをよろしくお願いいたします。

NHK海外ドラマ担当
--------------------------------------------

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ザ・ホワイトハウス5放映運動

Yaoita0716_1_1

 この秋から、「ザ・ホワイトハウス(原題:The West Wing)」の第5シリーズが放映されることを、半年間楽しみに生きてきましたが、この秋からの放映予定に、「ザ・ホワイトハウス(原題:The West Wing)」の文字はありませんでした。火曜日は、別番組で、他の曜日は昨年と同じ。これは、「ザ・ホワイトハウス(原題:The West Wing)」打ち切りということでしょうか?

 そもそも、地上波放送だったところ、冬ソナブームによって、玉突きがあり、BSに変更になってしまいました。それについても、大変残念だったのですが、BSでも放映されるのであれば良いかと思っていました。

 「ザ・ホワイトハウス(原題:The West Wing)」のシリーズは、シーズンの最終回では、「終わらず」、次のシーズンへのお楽しみという趣向です。第4シーズンでは、大統領の娘さんが誘拐され、大統領が休職しというところで終わり、その先を半年間、ひたすら、辛いことも苦しいことも堪えてがんばってきたのに、この打ち切りという仕打ちは本当に悲しいです。

 そこで、ぼくは、NHKに対して、放映を続けて欲しいという要望を出しました。NHKの責任として、第7シーズンのグランドフィナーレまで放映することがあると思います。今年第5シーズンを放映していれば、2006-2007が第5シーズン、2007-2008が第6シーズン、2008-2009が第7シーズンと、まさに2008年の米国大統領選挙と重なり、勉強にもなるし、話題にもなります。しかも、第7シーズンは、ポスト・バートレットを決める大統領選挙がテーマだし、現実にもポスト・ブッシュを決める大統領選挙なわけで、NHKが公共放送たる「教育・教養」の部分にじゅうぶんに当てはまると思います。

 ということで、「ザ・ホワイトハウス(原題:The West Wing)」ファンのみなさまは、こちらまで要望をお送りください。とりあえず、連夜放送の集中的なものでもいいので、放映してください。お願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

I am the Lord your God. Thou shalt worship no other God before me.

I am the Lord your God. Thou shalt worship no other God before me.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ISAAC AND ISHMAEL

ABBEY

The Jews, the sons of Isaac, and the Arabs, the sons of Ishmael. But what most people find important to remember is that in the end, the two sons came together to bury their father.

JOSH

I think most people also find it important to remember that the whole thing happened about 73 million years ago.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

[コラム]俊平堂書店中野店 | Policy | RIETI「企業統治分析のフロンティア」 | shumpei note | shumpei プレスリリース | shumpei's message | shumpeiからのお願い! | shumpei世論調査 | The West Wing | おすすめサイト | きまぐれパンダのささやかな冒険:さわやかなうさぎ犬編 | しゅんぺい温泉 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | オシム・ジャパン | グルメ・クッキング | スポーツ | タレント図鑑 | デモクラシーファンド研究センター | トレーニング方法 | ニュース | パソコン・インターネット | 俊平のいる図書館 | 俊平的音楽塾 | 地域資源発掘人 | 外食産業ウォッチ | 大きな米国 小さな僕の冒険 | 岡田JAPAN | 心と体 | 恋愛(こい)の政策学 | 戦後行政改革史 | 政策研究データベース | 文化・芸術 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 村上春樹論 | 特命係長 | 特命係長 只野仁 | 現代社会のシステムと政策 | 矢尾板JAPAN | 矢尾板俊平の「街を歩こう」 | 矢尾板俊平のちょっと行ってみたいレストラン | 米国大統領選挙2008 | 組織運営ざっくばらん | 経済・政治・国際 | 講義 | 講義(2008・後)経済と法 | 講義(2008・通年)演習Ⅰ | 講義(2008前)・経済と社会Ⅰ | 講義(2008前)・経済学の基礎 | 講義(2008後)・演習ⅡB | 鍵をめぐる冒険 | 音楽