研究報告:2000年代の景気拡張の要因と日本経済のリスク

本日、中央大学経済研究所経済政策研究会の研究会で、「2000年代の景気拡張の要因と日本経済のリスク」というテーマにて研究報告の機会を頂戴し、報告いたしました。

研究のmotivationは、下記の2点です。
・デフレ下において、大幅な財政支出を伴わない今回の景気拡張の特性とその要因は、どのようなものなのか。
・景気拡張の持続性を考慮した場合、日本経済のリスクは、どのような点にあるのか。

今回の研究では、次のような分析を行いました。
・GDPへの寄与度を比較し、今回の景気拡張の特性を分析。
・日本銀行『短観』のD.I.データに基づき、企業のミクロ要因が、景気動向にいかなる影響を与えたのか、について分析。
・近年の信用乗数(マネーサプライとマネタリーベースの関係)について分析。

結論は、次のようになりました。
・今回の景気拡張の特性
 (1)安定・低成長型。
 (2)企業設備と財貨・サービスの輸出が安定的にGDPに寄与。
 (3)最終消費支出が不安定的であり、伸び悩んでいる。
 (4)大企業中心に業況は上昇しているが、中小企業の業況は、未だ悪い。
 つまり、景気拡張の恩恵が、日本経済の全体に行き渡っていないということが言える。これは、市中における相場観や実感とも大いに通ずる。

・今回の景気拡張の要因
 企業のミクロレベルにおける分析で捉えれば、主に、過剰な雇用人員の整理と企業の資金繰りの改善である。

・日本経済のリスク
 1.最終消費支出の動向
 2.中小企業の業況の動向
 3.格差問題の政治化に伴い、
  (1)過剰な雇用人員の発生(適切ではない雇用者報酬の上昇)
  (2)地域間格差是正のためのバラマキ型の財政措置の増加。
 現在の日本経済の可能性とリスクは、同じ要因に複雑に重なり合っている。
 重要となるのは、可能性をリスクに転換させないように適切な政策を実施することである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

論争ウォッチング

さて、小林慶一郎さん監修で、『論争ウォッチング』というページが、RIETIのページで開始されました。
最近のいくつかの論争を取り上げて、書籍や論文での主張をまとめていくことが目的です。

ぜひ、ご覧下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ココログメンテナンスのお知らせ

さて、「shumpei@blog」は、niftyのココログを利用してお送りしているのですが、下記の通り、ココログのメンテナンスのため、14日(水)10時まで更新ができません。そこで、14日の連載小説「いつか君にふたたび出逢うまでに」は、午前10時10分頃に掲載予定です。10時間ほど、お待ちくださいませ。(ぺこり) m(_ _)m

ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。

====================================================
◇メンテナンス日時
 2007年11月13日(火)20:00~11月14日(水)10:00の約14時間
====================================================

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3月19日の会見

矢尾板:誕生日祝いのメッセージをお送りいただきまして、ありがとうございました。お電話やメールを頂きまして、感激いたしました。心よりお礼を申し上げます。

--:夕張市長選ですが、羽柴誠三秀吉氏が出馬宣言をされたとのことですが、ご感想は?

矢尾板:市長選挙は、特に住民票がなくとも出馬できるということになっているので、どなたが出馬されても良いと思います。ただし、注目がされているから出馬をされるということではなく、夕張のために何をしたいのか、ということを明確に出馬される方は示していただきたいと思います。市長を選ぶということは、政策を選ぶということと同じですので。

--:ご自身の立候補については?すでに、政策は示されているようですが。

矢尾板:その点については、フリーズ状態。

--:すでに、人事構想も確定されているという話もあります。

矢尾板:それは、私も教えていただきたいです。どのような人事構想になっているのでしょうか?具体的な名前は出ているんですか?私自身は、ちょっと、わからないですね。

--:都知事選挙についてのご感想をお聞かせください。

矢尾板:候補が多いのはよいのだけど、ちゃんと、政策を示してほしいですね。しっかりとした政策論争を、都民にわかりやすくしてほしいと思います。以上で、宜しいでしょうか。ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3月17日の会見

矢尾板:本日は、私の誕生日ということで、お祝いのメッセージなどは大歓迎です。また、本日、予定しておりました夕張市の視察については、延期ということになりました。以上です。

--:夕張市長選挙への出馬表明は、何日の予定ですか?

矢尾板:市長選挙への出馬については、今のところ、フリーズ状態です。

--:一部では、選挙準備のために、公職選挙法に関する調査を行ったという話がありますが?

矢尾板:来る統一地方選挙に向けて、現在、どの行為が法律抵触するかなどについて、基礎的な勉強をしております。

--:先日、「元気がでる夕張チャレンジ宣言」を公表されましたが、マニフェストであると考えて良いですか?

矢尾板:ご判断はお任せいたします。ただ、政策のやり方は、さまざまですから。前面に立たなければならないときは、覚悟を決めて前面に出ますし、後方支援の方が効果的であれば後方支援に回るということも重要だと思います。

--:東京都知事選挙への出馬も取り沙汰されておりますが。

矢尾板:都道府県知事選挙の被選挙権が得られるのは、30歳以上です。私は、28歳ですから、法律上、立候補は残念ながらできません。将来的には、目指すべき目標のひとつではあります。

--:夕張市長選挙には、市内から市議が一人、出身者が一人、出馬の予定ですが、この点については、いかがですか?

矢尾板:市外の人間がむやみに市長になるより、市内の方や出身の方が市長になられることは歓迎的だと思います。ただ、選挙、いや、政治には選択肢が必要だと思います。その選択肢は、まあ、例えば、東京都知事選挙などでも同じなのですが、誰が選挙になるかということよりも、政策の選択肢が住民の皆さんの前に提示されることが重要だと思います。だからこそのマニフェストなんだろうと思います。この統一地方選挙でも、政策の議論がなされることが最も必要だと思います。

以上で宜しいでしょうか?どうもありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)