アジアカップ準決勝後のコメント

Dsc01782_2

まさに激闘と言っても良い日韓戦でした。まず、勝利したことに感謝をしたいと思うし、切磋琢磨できるライバルの存在が、日本代表にとって、とても大切であることを、素晴らしいことであると思います。韓国代表に敬意を表したいと思います。

どちらが勝ってもおかしくないゲームだったと思います。だからこそ、このゲームを超えることができたというのは、日本代表にとっては貴重な経験であったし、精神的なタフさを身に付けることができる、とても素晴らしい試合であったと思います。

-今日のゲームのポイントは?

左サイドからのオフェンス。長友と本田の連携、香川との連携がとても良かったと思う。流れの中から1点を取れたのは、本当に大きい。特に、サイドを崩せたというのは、これから日本代表にとって、大きな武器になると思う。

それと、ゴールへの執着心。細貝の勝ち越しゴールは、そうした気持ちの表れも大きいと思う。

ゲーム自体は、おおむね、うまくボールを回すことができたと思う。オシム監督が進めていた「ボールが動くサッカー」、「日本化」の姿は、このような姿だったのではないかとも感じられる。メツ監督は、アジアのバルサと評価をしてくれているようだが、まさに、ポゼッションを保ちながら、オートマティズムの中でゲームの主導権を握るシチュエーションを作れていたことは大きく評価することができると思う。

-課題は?

このゲームでも多くの課題が見つかった。まず、自陣のゴール前でのディフェンス。今日は、笛が多かったこともあるし、最初にPKを取られているので、慎重にならざるを得なかったが、守備面で課題は残っていると思う。

もうひとつは、後半、足が止まりつつあったことだ。このあたりは、賢く、ゲームを支配しながら休むということも、必要かもしれない。

-決勝に向けて

対戦相手はオーストラリアになるかウズベキスタンになるかはわからないが、今日の日韓戦を超えることができたという経験は、選手に大きな経験値の上積みをもたらしてくれると思う。残り一試合。勝つだけだと思う。優勝するだけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バーレーン戦後会見

ーまず、今日のゲームの総括をお願いします

前半は、ボールのポゼッション率は高かったものの、フィニッシュまでが遠かった。相手のディフェンスを崩すことができずに、攻撃の形を作れていなかったと思う。後半は、バーレーンが失点後に前に出てきたこともあり、内田の2本のシュートなど、良い攻撃の形を作れた場面はあったと思う。勝ち点3を得たことには満足ができるが、できれば、流れの中での得点が欲しいところであった。

ー攻撃についての課題は

ペナルティエリアに、どのように侵入していくか、ということを考えなければいけない。ドリブルで切り込んでいってもいい。転ばせてくれればPKを得られる。その点で、リスクを負わなければ得るものも少ない。仕掛けて、ボールを奪われるのは、ミスではない。チャレンジだ。

もうひとつ、前半では、基点をうまく作れていなかったと思う。ボールを落ち着かせて、攻守を切り替えるなどのリズムのバランスがうまくいっていなかったように思える。

あと、もう少し、アーリークロス気味でも良いので、後ろからゴール前にボールを入れていっても良かったと思う。

ー守備については

遠藤、長谷部を中心にバーレーンの攻撃を早めに摘めていたと思う。最終ラインでも、守備は成功していた。危なげない場面はなかったと思う。

ー勝ち点11になりました。次はアウェーでのウズベキスタン戦です。
ウズベキスタンがカタールに勝ったので、3位以下と勝ち点で大きな差を作ることができた。勝ち点を考えれば、あと1勝で2位以内が確定する。最終予選に入る前に、南アフリカ行きのチケットを得るための条件は、勝ち点13か14ぐらいだろうと計算していた。そのボーダーラインが現実になった。

同時に、3位以下が混迷状態だ。どのチームにとってもプレーオフに進出するチャンスが生まれてきた。だから、ウズベキスタンもカタールも勝ち点3を狙いに来るだろう。厳しい生存競争になる。

日本は、まだ何も得ていない。まずは、あと勝ち点3を得て、ボーダーラインを超えることに集中するべきだと思う。その上で、世界と戦うためのチームの成熟化を図らなければならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒーローになってこい

Photo1
(写真は、ガンバ大阪のオフィシャルサイトから)

「ヒーローになってこい」

ガンバ大阪の西野監督が、播戸をピッチに送る際に、播戸に告げた言葉である。

その模様は、声は聞こえなかったが、全国中継で確認できた。その瞬間、播戸のモチベーションがかなり上がったのがわかった。

そして、劇的な播戸のゴールで、本当にヒーローになった。

元旦決戦は、延長になった時点で、ガンバ大阪有利かなと思った。柏レイソルは90分間でアクシデントも含め、3枚のカードを使い果たし、西野監督は「我慢」した。

采配で決まったというような試合だった。

個人的な感情では、イシさん(石崎監督)の3年間の集大成として戴冠をしてほしいという気持ちもあった。

西野監督にとっては、初の天皇杯制覇であるが、これで国内タイトルは全て獲得した監督となった。柏レイソル時代にナビスコカップは制覇しているものの、ガンバ大阪で、2005年シーズンにJリーグ制覇、2007年シーズンにナビスコカップ制覇、そして2008年シーズンに、天皇杯制覇。
さらには、ACLを制覇し、アジア王者となり、クラブワールドカップでは世界第3位となった。

日本人監督の中では、最高の監督と言える。
西野監督にも、海外での指揮をぜひチャレンジしてほしい。

ちなみに、遠藤はイエメン戦はお休みさせてあげて、オーストラリア戦に合わせてきてもらいたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

要は、どういうスタイルを作るのかがポイント

浦和のフォルカー・フィンケの新監督が記者会見

浦和の来季は、「再建」と「育成」がテーマになるだろう。
今季の浦和レッズの結果は、リーグ開幕前から予想はできていたはずだ。

ひとつは、ホルガー・オジェック元監督への疑問。もうひとつは、チーム作りをするには時間が足りな過ぎたということだ。

2007年シーズンは、ACLで優勝し、クラブW杯で3位となるなど、国外では実績を残したが、国内リーグは失速をした。明らかに、スタミナと集中力不足だったような気がする。

こういうときに、監督の仕事は、モチベーターになり、選手をマネジメントしていくことが重要だ。今季の鹿島アントラーズの成功要因は、オズワルド・オリヴェイラ監督が最高のモチベーターでもあったから、小笠原が今季絶望になっても持ちこたえ、チームを成長させることができた。

モチベーターという点では、オシム監督の手腕も非常に稀なモチベーターだと思う。海外に目を向ければ、ジョゼ・モウリーニョ監督もそうだろう。

しかし、2007年シーズンは、ワシントンの造反、小野の造反というように実績は残しつつも、空中分解が進んでいったのも事実である。

その意味では、2007年シーズン後にオジェック監督勇退という道があったと思う。それを2008年開幕まで決断を遅らせてしまったのはフロントの責任だ。

ゲルト・エンゲルス前監督の役割は空中分解したチームをふたたびまとめることであった。だから、本来であれば暫定監督でも良かった気がする。その意味で、ゲルトさんにすべての責任を負わせてしまったのは、ゲルトさんにとって大変不幸なことだと思う。

また、2008年シーズンには高原直泰が加入したが、チーム作りの重要な期間を日本代表に取られてしまったということが大きい。実際にチームに帯同していたのは数日だったのではないか。

これを見ていて、本当に大丈夫なのか、という心配をしていた。
僕が監督であれば、東アジア選手権は召集を見合わせてもらうように要望を出すだろう。高原、エジミウソン、梅崎などの新加入選手は、チームにフィットさせることが重要で、この問題が、その後の高原の不調にも大きく影響している。

さて、これからフィンケ監督がどのようなチームを作るのか。

その上で、重要なのは、フロントがどのようなポリシーを持っているのか、ということになる。そのポリシーに合った監督であれば、成功する市、ポリシーに合わなければ、同じ繰り返しである。

フロントの迷走により、チームが崩壊した例は限りなく多い。今季では、ジェフ千葉もそうだったし、東京ヴェルディもそれが原因で降格した。

監督人事のポリシーがチーム作りの基本である。

現在の浦和レッズがパスを中心にしたポゼッションサッカーに合ったチームなのか、もしくは別のスタイルが良いのか。

フィンケ監督は結果を出すかもしれないが、長期的なチームの成長につながるのかどうか。

「道は広いときもあれば狭いときもあるが、大事なのは同じ方向に進むこと」

まずはフィンケ監督の手腕に期待したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鹿島-磐田戦

以前だったら、チャンピオンシップとか優勝を決める組み合わせだったんだなと、思いながら見ていました。
でも、今シーズンは、一方は優勝に王手をかけ、一方は、降格けっぷち状態。
アントラーズは勝って優勝を決めたいし、ジュビロは勝ち点1でも拾って、残留争いを有利にしたい、まさに、そんな試合でした。

それでも、ロスタイム、たぶん残り30秒ぐらいで岩政のヘッドが決まったのは、勢いですね。
あれで勝ちきれるのが強いチームだということです。

そこまでに至るオリヴェイラ監督の仕掛けもかなり絶妙だったということでしょう。
まさに、ハマった、という感じでした。

フリーキックになったとき、決まるのではないかという嫌な予感がしたのですが、当たってしまいました。

でも、今年の残留争い、37点で自動降格かよ、みたいな、熾烈な状況です。
まあ、優勝争いも首位アントラーズでも60点ですから、今シーズンはかなり混戦状態だということですね。

明日の名古屋グランパスの勝敗にもよりますが、明日、グランパス勝てば、最終節でアントラーズ、グランパス、フロンターレの3つ巴の優勝争いになります。

最終節は、アントラーズは札幌ドームでコンサドーレと、フロンターレは味スタでヴェルディと、グランパスは九石ドームでトリニータと、という組み合わせになります。

ヴェルディは残留争いまっただ中だし、トリニータは来年のAFC出場がかかるので、かなり手ごわい戦いになるでしょう。そうすると、アウェイながら、アントラーズが有利かなと思います。今日の勢いで行ってしまいそうです。

さて、浦和レッズは無冠に終わることが決まりました。また、AFCの出場枠の獲得も難しい。来年は、チームの立て直しが課題になります。その問題については、シーズン終了後にでもお話しましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

8月10日:北京五輪・ナイジェリア戦後の会見

ー北京五輪でグループリーグでの敗退が決定したが?

矢尾板:北京五輪におけるU-23代表の結果に関しては、私はコメントする立場にありませんので、特に、私からは申し上げることはありません。なぜならば、U-23のチームに関しては、予選段階からウォッチしていなかったので、今さらながら、評論をするのは失礼だと思うからです。私自身は、ワールドカップのアジア最終予選突破、つまり、日本を南アフリカに行くことが第一目標であるからです。

ただ、感想を申し上げるのであれば、ナイジェリアとオランダの試合を見たとき、久し振りに、「勝てる気がしない」と、純粋に思った。戦術次第では、引き分けに持ち込んで、勝ち点1は拾えるかもしれないが、勝ち点3は、困難だろうと。それならば、まだ、勝ち点3を取れるかもしれない米国戦で勝負をするということなんだろうと思っていた。良くて、勝ち点4、悪くて勝ち点0という事態であろうと。

ー9月6日に向けては

矢尾板:最終予選のことを考えれば、GL敗退は悲観しすぎることはない。すでに、A代表のメンバーの中に、北京に行っている者もいるし、今後、昇格する者もいる。バーレーン戦に向けて、良い準備ができるでしょう。11月までの3戦でスタートダッシュがかけられるかどうかがポイントになる。

ーもし、スタートダッシュができなければ?

矢尾板:岡田監督は解任されるでしょう。しかし、その場合、新監督を、その時点で選考することになれば、その新監督がチームを立て直す余裕はない。あらかじめ、岡田監督のバックアップはリストアップしておくべきだと思います。

ー候補は?

矢尾板:それは犬飼会長次第でしょう。個人的に挙げれば、チェルシーのルイス・フェリペ・スコラーリ監督、名古屋のピクシー(ストイコビッチ監督)、鹿島のオリベイラ監督、大阪の西野監督、また、現場復帰が可能であれば、オシム監督が第一候補だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

[コラム]俊平堂書店中野店 | Policy | RIETI「企業統治分析のフロンティア」 | shumpei note | shumpei プレスリリース | shumpei's message | shumpeiからのお願い! | shumpei世論調査 | The West Wing | おすすめサイト | きまぐれパンダのささやかな冒険:さわやかなうさぎ犬編 | しゅんぺい温泉 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | オシム・ジャパン | グルメ・クッキング | スポーツ | タレント図鑑 | デモクラシーファンド研究センター | トレーニング方法 | ニュース | パソコン・インターネット | 俊平のいる図書館 | 俊平的音楽塾 | 地域資源発掘人 | 外食産業ウォッチ | 大きな米国 小さな僕の冒険 | 岡田JAPAN | 心と体 | 恋愛(こい)の政策学 | 戦後行政改革史 | 政策研究データベース | 文化・芸術 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 村上春樹論 | 特命係長 | 特命係長 只野仁 | 現代社会のシステムと政策 | 矢尾板JAPAN | 矢尾板俊平の「街を歩こう」 | 矢尾板俊平のちょっと行ってみたいレストラン | 米国大統領選挙2008 | 組織運営ざっくばらん | 経済・政治・国際 | 講義 | 講義(2008・後)経済と法 | 講義(2008・通年)演習Ⅰ | 講義(2008前)・経済と社会Ⅰ | 講義(2008前)・経済学の基礎 | 講義(2008後)・演習ⅡB | 鍵をめぐる冒険 | 音楽