決断について

さいきん、わかってきたことがあります。それは自分は「決断が遅い」ことがあるということです。ただ、それは「優柔不断」なわけではありません。レストランに行って、永遠にメニューが決められないわけではなく、そこはけっこうすぱっと決められます。
もっと言えば、「決断」というより「覚悟」が遅い感じです。物事を始める際に、いろいろと「覚悟を決める」つまりリスクを許容する「決心」をすると思うのですが、この「覚悟」を決めるのに時間がかかってしまうことがあります。
the west wingのバートレット大統領並みに遅いです。もう「決断」はしているのに、「実行」に移すのに時間がかかってしまう時がたまにあります。

こういうことって、皆さんはありませんか??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

[コラム]俊平堂書店中野店 | Policy | RIETI「企業統治分析のフロンティア」 | shumpei note | shumpei プレスリリース | shumpei's message | shumpeiからのお願い! | shumpei世論調査 | The West Wing | おすすめサイト | きまぐれパンダのささやかな冒険:さわやかなうさぎ犬編 | しゅんぺい温泉 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | オシム・ジャパン | グルメ・クッキング | スポーツ | タレント図鑑 | デモクラシーファンド研究センター | トレーニング方法 | ニュース | パソコン・インターネット | 俊平のいる図書館 | 俊平的音楽塾 | 地域資源発掘人 | 外食産業ウォッチ | 大きな米国 小さな僕の冒険 | 岡田JAPAN | 心と体 | 恋愛(こい)の政策学 | 戦後行政改革史 | 政策研究データベース | 文化・芸術 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 村上春樹論 | 特命係長 | 特命係長 只野仁 | 現代社会のシステムと政策 | 矢尾板JAPAN | 矢尾板俊平の「街を歩こう」 | 矢尾板俊平のちょっと行ってみたいレストラン | 米国大統領選挙2008 | 組織運営ざっくばらん | 経済・政治・国際 | 講義 | 講義(2008・後)経済と法 | 講義(2008・通年)演習Ⅰ | 講義(2008前)・経済と社会Ⅰ | 講義(2008前)・経済学の基礎 | 講義(2008後)・演習ⅡB | 鍵をめぐる冒険 | 音楽