組織運営ざっくばらん-矢尾板俊平の心得10カ条

政権でも、組織でも、運営をする、マネジメントをする、ガバナンスをするというのは、大変なことだ。
ぼくも少なからず、そんな経験をしてきて感じたことなどをメモしておこうと思う。
将来、日本経済新聞で、仮に「私の履歴書」を書くときのために、いろいろと書き残しておくことは重要だ(笑)。
(そのときは、政策分析ネットワークで事務局をしていたときのことなども触れるつもり。この話は、もう少し時間が過ぎたら、いろいろと当時感じたこと、学んだことなどを残していくつもり。)

とりあえず、今日は、箇条書きでメモをしておき、そして、後々に、詳しく書いていくことにしよう。

「為政者の心得10カ条」

(1)鈍感でなければならない。
→どうせ、批判をされる。反対意見を持つグループ、マスコミ等々。批判されないわけがないのだから、ひとつひとつの批判を気にしていたら何もできない。批判には、ある程度、鈍感にならなければならない。

(2)胆力を持て。
→何よりも、自分の信じること、大切にしていることを貫くことが重要。そして、それを、最後まで、「やり抜く」ということが、信頼を得る何よりの方法。くじけず、覚悟を決めて胆力を持つことが重要。

(3)非情たれ
→時に優しさは必要だが、決断には非情さが重要だ。

(4)人生は、囲碁の盤上にあるものと心得よ
→状況は、ひとつの出来事によって、大きく変わる。大局観を持て。

(5)情報こそ、攻守の要
→情報収集と分析する能力が重要。情報を制する者こそ、偉業を成し遂げられる。また、情報を加工し、時に、武器として使うことも重要。

(6)権力の源泉とは、「予算権限」と「人事権限」である。
→この2つの権限だけは、誰にも委ねず、自らの手に握り続けるべきである。

(7)「人」こそ、すべて
→どんなに素晴らしい制度であっても、どんなに素晴らしい組織であっても、「人」によって、変わってしまう。適材適所を心掛けるべし。ひとりひとりの個性、長所や短所を見極め、その人に最も適した役割に配置すべし。

(8)1本の矛と3枚の楯
→3枚の楯を並べ玉を守り、1本の矛で攻める。人材配置の際は、必ず、これを軸とせよ。

(9)諫言する者を重宝せよ
→諫言する者こそ、唯一無二の稀有な存在である。

(10)論功行賞は、最も自分が好まざる者から
→さすれば、不平不満は出にくい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

[コラム]俊平堂書店中野店 | Policy | RIETI「企業統治分析のフロンティア」 | shumpei note | shumpei プレスリリース | shumpei's message | shumpeiからのお願い! | shumpei世論調査 | The West Wing | おすすめサイト | きまぐれパンダのささやかな冒険:さわやかなうさぎ犬編 | しゅんぺい温泉 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | オシム・ジャパン | グルメ・クッキング | スポーツ | タレント図鑑 | デモクラシーファンド研究センター | トレーニング方法 | ニュース | パソコン・インターネット | 俊平のいる図書館 | 俊平的音楽塾 | 地域資源発掘人 | 外食産業ウォッチ | 大きな米国 小さな僕の冒険 | 岡田JAPAN | 心と体 | 恋愛(こい)の政策学 | 戦後行政改革史 | 政策研究データベース | 文化・芸術 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 村上春樹論 | 特命係長 | 特命係長 只野仁 | 現代社会のシステムと政策 | 矢尾板JAPAN | 矢尾板俊平の「街を歩こう」 | 矢尾板俊平のちょっと行ってみたいレストラン | 米国大統領選挙2008 | 組織運営ざっくばらん | 経済・政治・国際 | 講義 | 講義(2008・後)経済と法 | 講義(2008・通年)演習Ⅰ | 講義(2008前)・経済と社会Ⅰ | 講義(2008前)・経済学の基礎 | 講義(2008後)・演習ⅡB | 鍵をめぐる冒険 | 音楽