« 嵐 初出場!! | Main | 政権という接着剤 »

本日の中日新聞朝刊の三重版にコメントが掲載されました

25日付けの中日新聞の朝刊の三重版に、コメントが掲載されました。

コメントは、

一方で、三重中京大の矢尾板俊平講師(公共選択論)は「職員が紹介する以上、公共性を帯びた業務となる。市は、どのような会社をその対象とするかなどを、透明で客観的なルールで示す必要がある」と指摘する。

|

« 嵐 初出場!! | Main | 政権という接着剤 »

Comments

公共性の担保は難しいですね。情報の非対象性が少なからず生じてしまうのは、避けられませんし。公共性の問題は、行政側のものと、市民側のものがあると思われます。行政側については、よく言われています。市民側については、市民が情報の非対象性をなくすために、いわゆる「賢い」市民になることかなと思います。私たち市民が、自立して自己防衛するということです。これは、行政への抑止力の機能も持つでしょう。

Posted by: まるん | December 09, 2009 at 11:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/46865310

Listed below are links to weblogs that reference 本日の中日新聞朝刊の三重版にコメントが掲載されました:

« 嵐 初出場!! | Main | 政権という接着剤 »