« 民主党マニフェスト | Main | やお屋の二かい »

選挙活動と政治活動

「官僚たちの夏」のモバイルサイトで、キャラ診断を行ったら、「庭野(堺雅人)」タイプでした。さしづめ、「木炭車」ということで、タンクローリー車の権限争議で、タンクローリーは、「石油の「運送」ではなく、石油の「移動」を扱うものだ」という定義をつくり、通産省の所管にする感じでしょうか。ちなみに、このときに付けられたアダ名は、「通産定期」。

毎週、コブクロの「STAY」が流れると、涙を流しています。そして、翌日からの仕事を、「やらなければ」という気持ちになります。

ということで、コブクロの「STAY」を購入してきました。ついでに、秋元順子の「愛のままに」も買ってしまいました。練習をしてみようと思います。

さて、自由民主党のマニフェストが公表されました。
日本を守る、責任力
マニフェストの検証は、少し時間をいただくとして、第一印象としては、成長戦略が含まれている点が良いと思いました。イメージとしては、民主党は「再分配の在り方」を変えることが軸となるが、自由民主党は、「経済のパイを増やした上で、その恩恵の分配の在り方を変えていく」というメッセージが出ていると思います。

これは、池田勇人内閣で、所得倍増計画を打ち出したわけですが、こうした発想に近いのではないかと思います。その上では、いわゆる「宏池会」的な伝統を引き継いでいるということでしょうか。そう考えると、岸総理→池田総理という流れは、福田総理→麻生総理の流れに似ているので、歴史はやはり繰り返すのでしょうか。

自由民主党による民主党のマニフェスト批判(ネガティブキャンペーン)も、なかなかのものです。(日本の未来が、危ない)。
民主党は、小泉マニフェスト2005とこの4年間の総点検という形で出していますね。

ちなみに、現在は「実質的な選挙期間」ではありますが、選挙活動はしてはいけません。選挙活動をしていいのは、8月18日の公示日(厳密には、立候補の届出をした時点)から投開票日の前日の8月29日までです。(公職選挙法第129条)。テレビを見ていたら、ちらっと、そういう言葉が聞こえてきました。いま活動していいのは、政治活動です。

|

« 民主党マニフェスト | Main | やお屋の二かい »

Comments

今は政治活動という呼び名の選挙活動中ですね。
先日 立候補予定者のマニフェスト型討論会に行きました。マニフェストについて、つまり政策の方針と内容について議論はなく、お互いのあら捜しの醜い選挙活動でした。
有権者を馬鹿にしてます。とくに、自分の党のマニフェストを理解していない人もいて驚きました。
国民とは、選挙活動において票持ってくる道具なんですね。

Posted by: クク | August 13, 2009 at 02:56 AM

マニフェストは、本来、党内で合意形成された後に、作られるべきものですが、今の日本では、その点が難しいですね。

「マニフェスト」という言葉、「マニフェスト」を作るということは、徐々に浸透してきたけど、中身に課題があると思います。

ネガティブキャンペーンよりも日本の未来に向けて建設的な議論をして欲しいですね。

Posted by: shumpei | August 14, 2009 at 02:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/45807703

Listed below are links to weblogs that reference 選挙活動と政治活動:

« 民主党マニフェスト | Main | やお屋の二かい »