« RIETI政策シンポジウムのご案内 | Main | 自民党と麻生という2つのカンバン »

不信任案否決の意味

本日の衆議院本会議で、内閣不信任案が否決された。
この否決の意味は、自由民主党にとって、自らの退路を断つという選択を持つ。
なぜならば、国会で信任した総理大臣を、自分たちの手で引きずり降ろすことができなくなるからだ。
「麻生おろし」を続けること、これは、すなわち、国会を軽視することになる。

民主党にとっては、「麻生おろし」を防ぐための先手であって、麻生総理にとっては幾ばくかの「延命」措置となる。
反麻生・反執行部グループは、造反をしてでも、もちろん、党の公認を得られなくても、「不信任案」に賛成票を入れるべきであったと思う。

つづきは、また後ほど。

|

« RIETI政策シンポジウムのご案内 | Main | 自民党と麻生という2つのカンバン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/45633585

Listed below are links to weblogs that reference 不信任案否決の意味:

« RIETI政策シンポジウムのご案内 | Main | 自民党と麻生という2つのカンバン »