« 戦術論について | Main | 2008年度研究成果の公表 »

バーレーン戦後会見

ーまず、今日のゲームの総括をお願いします

前半は、ボールのポゼッション率は高かったものの、フィニッシュまでが遠かった。相手のディフェンスを崩すことができずに、攻撃の形を作れていなかったと思う。後半は、バーレーンが失点後に前に出てきたこともあり、内田の2本のシュートなど、良い攻撃の形を作れた場面はあったと思う。勝ち点3を得たことには満足ができるが、できれば、流れの中での得点が欲しいところであった。

ー攻撃についての課題は

ペナルティエリアに、どのように侵入していくか、ということを考えなければいけない。ドリブルで切り込んでいってもいい。転ばせてくれればPKを得られる。その点で、リスクを負わなければ得るものも少ない。仕掛けて、ボールを奪われるのは、ミスではない。チャレンジだ。

もうひとつ、前半では、基点をうまく作れていなかったと思う。ボールを落ち着かせて、攻守を切り替えるなどのリズムのバランスがうまくいっていなかったように思える。

あと、もう少し、アーリークロス気味でも良いので、後ろからゴール前にボールを入れていっても良かったと思う。

ー守備については

遠藤、長谷部を中心にバーレーンの攻撃を早めに摘めていたと思う。最終ラインでも、守備は成功していた。危なげない場面はなかったと思う。

ー勝ち点11になりました。次はアウェーでのウズベキスタン戦です。
ウズベキスタンがカタールに勝ったので、3位以下と勝ち点で大きな差を作ることができた。勝ち点を考えれば、あと1勝で2位以内が確定する。最終予選に入る前に、南アフリカ行きのチケットを得るための条件は、勝ち点13か14ぐらいだろうと計算していた。そのボーダーラインが現実になった。

同時に、3位以下が混迷状態だ。どのチームにとってもプレーオフに進出するチャンスが生まれてきた。だから、ウズベキスタンもカタールも勝ち点3を狙いに来るだろう。厳しい生存競争になる。

日本は、まだ何も得ていない。まずは、あと勝ち点3を得て、ボーダーラインを超えることに集中するべきだと思う。その上で、世界と戦うためのチームの成熟化を図らなければならない。

|

« 戦術論について | Main | 2008年度研究成果の公表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/44496354

Listed below are links to weblogs that reference バーレーン戦後会見:

« 戦術論について | Main | 2008年度研究成果の公表 »