« 日曜日の夜は、愛と義を語ります | Main | 渡辺喜美の決断、小沢一郎の覚悟 »

IWGP陥落

今日の東京ドームで、武藤敬司がIWGP王者から陥落した。新王者は、棚橋弘至。
なんとなく、わかっていたこととは言え、武藤ファンとしては複雑ですね。

武藤政権も8か月、4度の防衛を重ねてきて、棚橋が米国遠征から帰ってきて、復活をし、満を持して、IWGP挑戦。でも、46歳と32歳の戦いで、武藤も素晴らしいゲームメークでした。やっぱり天才ですね。

ぼくは、今回は武藤が防衛して、次は、2月の両国国技館で、蝶野との三銃士対決をしてほしかった。

一大事は、IWGPタッグベルトが、TNAの3Dに流出してしまいました。真壁・矢野組が負けてしまった。
これは、もう天コジで奪還をしに行くしかないですね。なんといっても、本来のファーストコンテンダーは、天山・小島組ですから。2月の両国国技館で挑戦ですかね。

|

« 日曜日の夜は、愛と義を語ります | Main | 渡辺喜美の決断、小沢一郎の覚悟 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/43643383

Listed below are links to weblogs that reference IWGP陥落:

« 日曜日の夜は、愛と義を語ります | Main | 渡辺喜美の決断、小沢一郎の覚悟 »