夏休みにおすすめする5冊

小説から学術書まで。夏休みにおすすめの5冊を選んでみました。

城山三郎 『官僚たちの夏』 新潮文庫

高杉良 『金融腐蝕列島上下』 角川文庫

チームJ 『日本をダメにした10の裁判 』 日経プレミアシリーズ

上村敏之・田中宏樹編著『「小泉改革」とは何だったのか-政策イノベーションへの次なる指針-』 日本評論社

小林慶一郎・加藤創太 『日本経済の罠』 日本経済新聞出版社

| | Comments (0) | TrackBack (0)

7月の演習Ⅰについて

7月2日、9日は、通常通りに開講されますが、7月16日(補講期間)及び23日(試験期間)は、各自のレポート執筆作業に充てたいと思います。レポートは下記の2本です。

提出期限は、レポート①が7月23日、レポート②は、後期第1回目の講義時(9月24日)です。レポートは単位評価に直接関わるものですから、必ず、提出してください。(レポートが未提出であれば、成績評価ができませんので、成績を付けることができません。つまり、皆さんの単位の取得に支障が出ると心得てください)

また、提出時に学生プロファイルを未提出の者は、合わせて提出してください。

・演習Ⅰ(三重中京大学)
「演習Ⅰ」は通年科目なので、成績は、前期と後期の分を合わせて評価をしますが、私のゼミでは、前期終了時と夏休み終了時に、下記のレポートの提出を求めます。なお、後期終了時もレポートの提出を求める予定です。

レポート①
テーマ:次の2点について、まとめること。
(1)前期期間の大学生活の反省と後期に向けた抱負
(2)将来の進路について

字数:A4用紙2枚以上(2400字から3000字以上を目安に)
提出媒体:MS-WORDで作成した文書を印刷の上、提出すること。(学籍番号、氏名を忘れないようにすること)
提出期限・場所:7月23日(水)17時までに、矢尾板研究室まで。(それ以降は受け付けない)

レポート②
テーマ:図書館で1冊、本を選び、その感想と要約をまとめなさい。
字数:A4用紙2枚以上(2400字から3000字以上を目安に)
提出媒体:MS-WORDで作成した文書を印刷の上、提出すること。(学籍番号、氏名を忘れないようにすること)
提出期限・場所:後期第1回目の講義の際に提出

備考:文章の書き方についても注意すること。しっかりとした論理構成・展開を踏まえて、執筆すること。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

[コラム]俊平堂書店中野店 | Policy | RIETI「企業統治分析のフロンティア」 | shumpei note | shumpei プレスリリース | shumpei's message | shumpeiからのお願い! | shumpei世論調査 | The West Wing | おすすめサイト | きまぐれパンダのささやかな冒険:さわやかなうさぎ犬編 | しゅんぺい温泉 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | オシム・ジャパン | グルメ・クッキング | スポーツ | タレント図鑑 | デモクラシーファンド研究センター | トレーニング方法 | ニュース | パソコン・インターネット | 俊平のいる図書館 | 俊平的音楽塾 | 地域資源発掘人 | 外食産業ウォッチ | 大きな米国 小さな僕の冒険 | 岡田JAPAN | 心と体 | 恋愛(こい)の政策学 | 戦後行政改革史 | 政策研究データベース | 文化・芸術 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 村上春樹論 | 特命係長 | 特命係長 只野仁 | 現代社会のシステムと政策 | 矢尾板JAPAN | 矢尾板俊平の「街を歩こう」 | 矢尾板俊平のちょっと行ってみたいレストラン | 米国大統領選挙2008 | 組織運営ざっくばらん | 経済・政治・国際 | 講義 | 講義(2008・後)経済と法 | 講義(2008・通年)演習Ⅰ | 講義(2008前)・経済と社会Ⅰ | 講義(2008前)・経済学の基礎 | 講義(2008後)・演習ⅡB | 鍵をめぐる冒険 | 音楽