メガチューズデーへの道

さて、民主党の予備選挙ですが、2月5日のメガチューズデーを前に、いよいよ大詰めを迎えました。
サウスカロライナでは、オバマ候補が勝ち、フロリダでは、クリントン候補が勝つと、互角の勝負が続いていますが、このタイミングでエドワーズ氏が予備選挙から撤退するという情報が入ってきました。

詳細は、現地時間で30日午後に正式表明ということなのですが、エドワーズ氏が、オバマ候補を支持するのか、それともクリントン候補を支持するのかに注目です。常に、第3位であったエドワーズ氏のカードは両陣営としても欲しいはずです。副大統領候補指名を条件に、エドワーズ陣営の取り込みが行われているのではないかと予測しています。もちろん、エドワーズ氏としても、4年後、もしくは8年後を目指すのであれば、支持基盤をまとめ、ある程度、民主党内での影響力保持を狙うべきであると思うので、この交渉は、"win-win"の交渉になります。

共和党では、フロリダに注力してきたジュリアーニ候補が敗れたことで、ジュリアーニ候補は撤退の可能性が高まるでしょう。ジュリアーニ候補が、だれと連携するのか、(マケイン候補と言われていますが)、共和党の指名争いの重要ポイントです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Star-Crossed Lovers

今日の午前中には、ニューハンプシャーの結果が出る。その結果次第で、民主党の次期大統領候補指名のゆくえが、かなり鮮明になる。もし、オバマが、ニューハンプシャーでも勝つことになれば、予備選をリードできるだろう。また、エドワーズと連携することができれば、ほぼ「確定」の流れに持っていける。というのは、オバマとエドワーズの支持基盤は異なり、オバマ大統領候補エドワーズ副大統領候補のコンビが誕生すれば、かなり強くなるからだ。ヒラリー・クリントンは、米国のStar-Crossed Loversになってしまうのかが、ポイント。

共和党は、ジュリアーニが、どれだけハッカビーを叩けるかがポイントだろう。フロリダまでに、ジュリアーニが行うことは、挑戦者を一人に絞らせるということだ。

さて、大統領選挙について、東京財団のWEBページで、久保文明先生が、アイオワのレポートを掲載している。必読レポートです。また、各陣営のアドバイザーリストも面白い。オバマ陣営の外交政策アドバイザーは、ブレジニスキーですか。なるほど。

オバマ候補の集会に、ジョージ・ステファノプロスが来ていたのは注目ですね。ジョージ・ステファノプロスは、クリントン政権の補佐官。The West Wingの監修もしています。だから、The West Wingは民主党政権で、クリントン政権をイメージさせるわけです。

こういうリストを見ていると、次期政権のスタッフもイメージできるから面白いですね。

日本も、こういうブレーンマップがあると面白いですね。"Team Policy Dragon"でも、いずれ、温水政権は選挙をしなければいけないだろうから、選挙の話も出てくるだろうけど、そのとき、Team Policy Dragonの面々が、どのようなアドバイザーに就任するのかが楽しみですね。

さて、昨日は、ジャズの"Star-Crossed Lovers"が聞きたくなって買いに行ったところ、売っていませんでした。残念。その代わり、なぜか目についた、大塚愛のDVD「LOVE IS BORN~4th Anniversary 2007~at Hibiya-Yagai Ongaku-Do on 9th of September 2007」を買ってしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Iowa's Surprise

アイオワ州は、それまで本命と言われる候補にとっては、最初の大きな難関であるようである。そして、今回の選挙でも、"Iowa's Surprise"が起きた。

2004年の民主党大統領予備選挙では、本命視されていたハワード・ディーン候補は、3位という結果となり、この党員集会で1位となったのは、後に、民主党大統領候補に指名されるジョン・ケリー候補であった。2位は、ジョン・エドワーズ候補であった。

この歴史のいたずらが、今回の予備選挙でも起きた。本命視されているヒラリー・クリントン候補は3位に甘んじ、アイオワを制したのは、バラク・オバマ候補であった。アイオワの民主党員は、「経験」よりも「変革・変化」を求めた結果となった。オバマ候補の優勢が伝わって来たので、クリントン候補が、アイオワを落とすことがあっても、それは僅差で2位という結果であると予想していた

1月8日には、ニューハンプシャー州の予備選挙が行われる。もし、クリントン候補が、ニューハンプシャーを落とすようなことがあれば、民主党の大統領候補指名をめぐる争いの状況は一変するだろう。クリントン候補にとっては、ニューハンプシャーは絶対に落とせないものとなった。

一方、オバマ候補にとっても、ニューハンプシャーは落とすことができない重要なポイントとなった。アイオワ、ニューハンプシャーと連勝すれば、その勢いで、いわゆる「メガ・チューズデー」になだれ込める。今回の大統領予備選挙は、2月5日の「メガ・チューズデー」で決まると言っても過言ではない。2ヶ月間の短期決戦だからこそ、「勢い」が重要である

共和党の指名争いについては、ルドルフ・ジュリアーニ候補が、アイオワを事実上、回避していたため、1月29日のフロリダが焦点になるだろう。アイオワの党員集会当日に、現地に入らず、なぜ、マイアミにいたのか。
それが、ジュリアーニ候補の選挙戦術を垣間見ることができるだろう。ジュリアーニ候補は、全国的な知名度を背景に、またニューヨーク市長としての実績を持って、横綱相撲をしようとしていると考えられる。全ての州で勝つ、少ない票を取りにいくのではなくて、余力を持って、大票田を狙い、一気に、「メガ・チューズデー」で勝利を決めるという戦略であろう。それによって、大統領本選挙に向けて、「強い候補」としてイメージ付けられる。ジュリアーニ陣営は、「いかに、共和党大統領候補指名を勝ち取るか」ではなく、すでに、「いかに、2008年11月に勝利をするか」という戦略なのではないかと思う。

すなわち、民主党の候補指名が短期決戦で終わらず、長引けば、長引くほど、ジュリアーニ候補にとっては有利になるというわけである。しかし、これも、1月29日と2月5日、さらには、3月4日に、ジュリアーニが勝つという前提である。

その前提は、アイオワで、マイク・ハッカビー候補がミット・ロムニー候補を9%差で破ったことが、どのように影響してくるかで変わってくる。このまま、ニューハンプシャーで、ハッカビー候補が再び、ロムニー候補を破ることとなれば、ハッカビー候補は勢いを持って、ジュリアーニ候補との最終予選を、1月29日と2月5日に迎えることになる。

今後の大統領選挙の見どころは、いつ、ネガティブ・キャンペーンが飛び出すか、という点である。これは、候補同士の中傷合戦ではなく、隠し玉である。民主党、共和党とも、お互いに、その隠し玉、切り札を、いつ切るのかというのは、大変、センシティブな問題として、戦略を練る必要がある。

また、ホワイトハウスは、どのような形で、大統領選挙にコミットするかということである。直接的なコミットすることは、現在の状況では難しいかもしれないが、ホワイトハウスの政策判断は、大統領選挙に大きな影響を与えることとなる。仮に、10月頃に、ホワイトハウスが、イラク撤退プランを出したとしたら、どうなるだろうか

3点目は、副大統領候補である。民主党の指名争いが混戦となった場合、クリントン候補、オバマ候補、エドワーズ候補は、どのような判断をするのか。
今回の大統領選挙、民主党にとっては、何がなんでも、勝たなければいけない選挙である。なぜならば、この選挙で負ければ、12年間、ホワイトハウスを失うということになる。(12年間というのは、民主党が、1980年から1992年までの12年間(レーガン‐ブッシュ政権)、ホワイトハウスを失っていた期間と同じになる)。これは、民主党としては致命的であり、いかにしても回避しなければならないシチュエーションとなる

そこで、各候補の年齢を考えてみよう。クリントン候補は60歳、オバマ候補は46歳、エドワーズ候補は54歳である。オバマ候補もエドワーズ候補は8年後の可能性もある。すなわち、2月5日で、誰が指名争いのトップを走っているかにもよるが、仮に、クリントン候補が第1位であれば、エドワーズ候補の副大統領候補指名、もしくは、オバマ候補のエドワーズ候補の副大統領候補指名も考えられる。つまり、3位候補の支持票を取り込むことで勝負を決めようとする、ということがあるかもしれない。これは、ニューハンプシャーでの結果やこの1ヶ月間の結果次第であるが、アイオワで、エドワーズ候補が得た30%という数字は、副大統領候補指名のための武器にはなる

当初は、クリントン候補優勢の中で、第2位のオバマ候補指名というシナリオを予測していた。1位‐2位の最強連合で、予備選挙を圧勝し、本選挙に勢いを持ってなだれ込むという戦略である。しかし、アイオワの結果を見て、このまま、オバマ候補が勢いを持って、ニューハンプシャーを取るのであれば、その可能性は低くなるかもしれないと感じた。(オバマ候補が1位で、クリントン候補が2位の場合に、クリントン候補の副大統領指名の可能性は低いと思われる)

大統領候補指名争いは、この1ヶ月間で、さまざまな篩いにかけられる。断念としての撤退だけではなく、新政権でのポストや政策と引き換えに、選挙からの撤退するケースもあるだろう。そして、大統領指名争いは、全ての州で勝つ必要はない。

政策のみならず、選挙戦略・戦術からも目を離せない。

日本経済新聞:大統領選挙2008特集記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

[コラム]俊平堂書店中野店 | Policy | RIETI「企業統治分析のフロンティア」 | shumpei note | shumpei プレスリリース | shumpei's message | shumpeiからのお願い! | shumpei世論調査 | The West Wing | おすすめサイト | きまぐれパンダのささやかな冒険:さわやかなうさぎ犬編 | しゅんぺい温泉 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | オシム・ジャパン | グルメ・クッキング | スポーツ | タレント図鑑 | デモクラシーファンド研究センター | トレーニング方法 | ニュース | パソコン・インターネット | 俊平のいる図書館 | 俊平的音楽塾 | 地域資源発掘人 | 外食産業ウォッチ | 大きな米国 小さな僕の冒険 | 岡田JAPAN | 心と体 | 恋愛(こい)の政策学 | 戦後行政改革史 | 政策研究データベース | 文化・芸術 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 村上春樹論 | 特命係長 | 特命係長 只野仁 | 現代社会のシステムと政策 | 矢尾板JAPAN | 矢尾板俊平の「街を歩こう」 | 矢尾板俊平のちょっと行ってみたいレストラン | 米国大統領選挙2008 | 組織運営ざっくばらん | 経済・政治・国際 | 講義 | 講義(2008・後)経済と法 | 講義(2008・通年)演習Ⅰ | 講義(2008前)・経済と社会Ⅰ | 講義(2008前)・経済学の基礎 | 講義(2008後)・演習ⅡB | 鍵をめぐる冒険 | 音楽