« 難波 千日前 「かんなべ」 | Main | 絶対やれるギリシャ神話 »

降格は東京ヴェルディ、ラモス監督復帰を!

2008年のJリーグは、鹿島アントラーズの連覇という結果となった。オズワルド・オリヴェイラ監督就任2年目で2度の優勝、しかもチームを再建しての連覇というのは、本当に素晴らしいことだと思う。

最終順位で、2位は川崎フロンターレ、3位は名古屋グランパスとなった。来年のACLには、鹿島、川崎、名古屋の3チームと天皇杯優勝チームが出場することになる。名古屋グランパスの次の目標は、天皇杯優勝も残っているが、ACLを戦い抜くためのチーム基盤の強化だろう。この点は、ヴェンゲル監督にコツを教えてもらい、しっかりとした強化が必要だ。

天皇杯は、天皇杯でドラマがある。例えば、解散が決まった横浜フリューゲルスは、最後に天皇杯優勝を果たした。(そのときの監督は、ゲルト・エンゲルス監督)

一方、今日は残留争いにドラマがあった。降格必至とみられていたジェフ千葉が残留を果たした。アレックス・ミラー監督の采配で勝ったと言っても良い勝ち方だった。選手起用が完全にハマった。来季は、ミラー監督の下、しっかりとした強化をすれば、上位進出も可能かもしれない。

そして降格したのは、東京ヴェルディとなった。今年のヴェルディの強化策はかなり評判が悪かった。特に、外国人の獲得については、大外れで、大赤字を発生させることになった。それゆえ、主力選手の大量解雇問題がすでに話題になっていた。福西や服部、土肥などの主力選手は確かに年棒もかかるわけだが、それ以上の経験を買うべきであろう。特に、重要なのは若手育成だ。そのときに、経験豊富な選手が近くにいることは、かなり重要になる。ラモスさんが頼めば、年棒ダウンを受け容れてくれるかもしれない。

それよりも、柱谷監督の挨拶の後ろで、腕を組んでいる大黒がダメだ。なぜ、この状況で腕を組んで顎をあげていられるのだろうか。大黒は、結局、ヴェルディの救世主となるべく呼ばれたのに結果を出せなかった。その責任を感じるべきで、福西や服部を切るよりも、大黒を切った方が良いと思えるような写真だ。降格の瞬間に、サポーターに対して、腕を組んで、顎をあげていられるような選手から、何が学べるというのだろうか。

ここは、ラモスさんに喝を入れてもらいたい。

ヴェルディはすでに身売りの話も出ており、J2降格で、その可能性は高まる。このようなときに、チームを立て直せるのは、ラモスさんしかいないだろう。来年は、もう一度、ラモス監督復帰で、がんばってもらいたい。

なお、浦和レッズはフィンケさんの監督就任が決まった。フィンケさんのサッカーが浦和レッズにマッチするかは別として、来年は再建の年になる。(個人的には、ダウム監督を連れてきても良かった気がする。)

|

« 難波 千日前 「かんなべ」 | Main | 絶対やれるギリシャ神話 »

Comments

その東京と入れ替わりに昇格するのが山形。柱谷監督が前いたところです。なんか因果な感じがします。

Posted by: uranux | December 07, 2008 at 09:28 PM

以前、哲二さんのお兄さんの柱谷幸一さんは、確かに山形で指揮を執ってましたね。

当時、スイカップの古瀬絵里アナとの不倫で、マスコミを騒がせていました。

Posted by: shumpei | December 07, 2008 at 10:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/43341845

Listed below are links to weblogs that reference 降格は東京ヴェルディ、ラモス監督復帰を!:

« 難波 千日前 「かんなべ」 | Main | 絶対やれるギリシャ神話 »