« 総裁特別補佐 | Main | クリスマス・イルミネーション »

鹿島-磐田戦

以前だったら、チャンピオンシップとか優勝を決める組み合わせだったんだなと、思いながら見ていました。
でも、今シーズンは、一方は優勝に王手をかけ、一方は、降格けっぷち状態。
アントラーズは勝って優勝を決めたいし、ジュビロは勝ち点1でも拾って、残留争いを有利にしたい、まさに、そんな試合でした。

それでも、ロスタイム、たぶん残り30秒ぐらいで岩政のヘッドが決まったのは、勢いですね。
あれで勝ちきれるのが強いチームだということです。

そこまでに至るオリヴェイラ監督の仕掛けもかなり絶妙だったということでしょう。
まさに、ハマった、という感じでした。

フリーキックになったとき、決まるのではないかという嫌な予感がしたのですが、当たってしまいました。

でも、今年の残留争い、37点で自動降格かよ、みたいな、熾烈な状況です。
まあ、優勝争いも首位アントラーズでも60点ですから、今シーズンはかなり混戦状態だということですね。

明日の名古屋グランパスの勝敗にもよりますが、明日、グランパス勝てば、最終節でアントラーズ、グランパス、フロンターレの3つ巴の優勝争いになります。

最終節は、アントラーズは札幌ドームでコンサドーレと、フロンターレは味スタでヴェルディと、グランパスは九石ドームでトリニータと、という組み合わせになります。

ヴェルディは残留争いまっただ中だし、トリニータは来年のAFC出場がかかるので、かなり手ごわい戦いになるでしょう。そうすると、アウェイながら、アントラーズが有利かなと思います。今日の勢いで行ってしまいそうです。

さて、浦和レッズは無冠に終わることが決まりました。また、AFCの出場枠の獲得も難しい。来年は、チームの立て直しが課題になります。その問題については、シーズン終了後にでもお話しましょう。

|

« 総裁特別補佐 | Main | クリスマス・イルミネーション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/43269676

Listed below are links to weblogs that reference 鹿島-磐田戦:

« 総裁特別補佐 | Main | クリスマス・イルミネーション »