« ゴッド・プロデューサーKAZUKI | Main | オバマ新政権 »

次期合衆国大統領 バラク・フセイン・オバマ

オバマ民主党大統領候補は、2年以上走り続けてきたフルマラソンのゴールを最高の形で迎えた。

そして、来年1月には、バラク・フセイン・オバマ大統領が誕生する。

テーマは、CHANGE(変革)。米国は、いま「変わる」ことを求めている。また、米国建国以来、初のアフリカ系の大統領が誕生した。歴史を、私たちは目撃したのである。

オバマ次期合衆国大統領のテーマは、「変革(CHANGE)」と「統合(INTEGRATION)」だ。そして、「創造(CREATION)」。オバマ次期合衆国大統領の勝利演説では、そのメッセージが込められていた。

オバマ次期合衆国大統領は、"People's President"になることが求められている。分裂した国家をふたたび、統合し、融合し、第三の建国をしなければならない。そのために、変革と創造が求められるのである。

もし、ぼくがオバマのスピーチライターであれば、次の文章を入れてみたい。

I make that establish More Perfect Union with you.
Yes, We can.

勝利演説の全文テキスト(日本経済新聞)

勝利演説の中で、ぼくが好きなくだりは、次のところです。
米国はすべてが可能なところだということをまだ疑い、我々の建国者の夢が現在でも生き続けていることをまだいぶかしく思い、民主主義の力にまだ疑問を抱いている人がいるとしたら、今夜が答えだ

これは、なかなかのセンスの高い出だしだと思いますスピーチライターに敬意を表します

長い間、自分たちがなし得ることについて悲観的になったり懐疑的になったり心配したりするように言われてきた人たちが、歴史のうねりをより良き明日に向けてたぐりよせるときが来た。長い時間がかかった。しかし今夜、今日我々がなし遂げたことで、この選挙で、まさにこの瞬間に、米国に変革が訪れた

公民権運動から約半世紀、公民権法が制定されてから、約45年、この歴史の瞬間が訪れたのである

サーシャとマリア、君たちが想像する以上に私は君たちを愛している。ホワイトハウスに一緒に行くときに子犬を飼ってあげる

ここは、心が温まるところですね。大統領としての優しさを感じます。この包容力、これからは家族だけではなく、合衆国国民に対して、優しさを持つ大統領、統合・融合に向けたメッセージとしての意味があると考えられます。これにも、スピーチライターに敬意を表します。

実体経済(メーンストリート)が苦しんでいる時にウォール街(金融市場)の繁栄はありえない、ということ

これは、メーンストリートとウォールストリートと、ストリートでかけているわけですね。このセンスも、かなり高いですよ

今回の勝利演説のテキストを読むと、最高のスピーチライターがオバマ次期合衆国大統領を支えているような気がします。このまま、ホワイトハウス入りで、もしかすると、補佐官とか広報部ですね。

さて、この米国の新たな選択は、The West Wingでは、2年前に実現していました。The West Wingのラストシーズンでは、ヒスパニック系民主党候補マット・サントス議員が当選している。また、かわぐちかいじの「イーグル」では、もっと前に日系民主党候補のケネス・ヤマオカ議員が当選している。漫画やドラマで起きていたことが現実になったのである。

これで、大統領も民主党、議会も民主党と、いわゆる行政と立法の「ねじれ」は解消した。これが米国の政策過程に、どのような影響を与えるのかも、今後の注目のポイントである。

マケイン候補の敗北演説も。

|

« ゴッド・プロデューサーKAZUKI | Main | オバマ新政権 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/43026059

Listed below are links to weblogs that reference 次期合衆国大統領 バラク・フセイン・オバマ:

« ゴッド・プロデューサーKAZUKI | Main | オバマ新政権 »