« 結婚と家族について | Main | 矢島美容室 »

大分トリニータ ナビスコ杯を優勝

今年のナビスコ杯を優勝したのは、大分トリニータであった。今年の大分トリニータの勢いからすれば、このまま優勝するかなと期待値は高かった。この優勝は、日本サッカーに対して、2つの重要な意味を持つ。

ひとつは、Jリーグの目指した地域に根ざしたスポーツクラブという、「Jリーグ百年構想」にとって、大きな勇気を与えてくれるものである。

サッカーを通じて、地域を元気にする、勇気を与える、スポーツを楽しむことができる、こうした社会的インフラになるべく、Jリーグは拡大している。いわゆる、資金力が大きく、戦力も充実したビッグクラブでなくとも、クラブの運営の仕方次第で、結果を残していくことができるというのは、地域社会に対して、大きなメッセージとなる。

大分トリニータは、リーグでも、優勝を狙える位置にいる。これは、リーグの中で、各クラブチームが切磋琢磨をしていく良いきっかけになる。競争は、成長させるのである。だから、今年のリーグで、名古屋グランパスや大分トリニータなどが上位に進出し、浦和レッズ、鹿島アントラーズ、ガンバ大阪にプレッシャーをかけていくことは、世界で戦っていく上で、相乗効果をもたらすのである。私たちの目標は、日本という井戸の中で王者になることではなく、アジア、そして世界という大海原で戦うことなのだ。井戸の中の蛙であってはいけないのである。

明確なクラブのビジョンを失えば、そのクラブは衰退する、ということは、過去のJリーグで実証されてきた。現在の浦和レッズの状態が、まさに、その状態である。そもそも、浦和の目指すサッカーと、オジェックの目指すサッカーは一心同体であったのか。昨年、オジェックが日本代表監督候補となったとき、ぼくは、その方が浦和のためには良いと思った。ある程度、オジェック続投の不安を抱えていたのである。ゲルト・エンゲルス監督になっても、このビジョンの問題は、解決されていない。来季に向けた補強は、まずビジョンありきだろう。
ジェフ千葉に、アレックス・ミラー監督がやってきて、見事、再建が順調なのも、ビジョンを植え付けることができたからであろう。

これは、日本代表にとっても同じことが言える。トルシエ時代には明確なビジョンがあったし、ジーコ時代もビジョンがあった。ただ、ジーコは育成面においてビジョンはなかったことが、現在の問題の原因のひとつであろう。そして、オシム時代も明確なビジョンがあった。それでは、岡田監督はどうか。まだ、ビジョンが今ひとつはっきりしていないように思える。どんなサッカーがやりたいのかがわからないのである。就任当初は、攻撃サッカーを目指していたが、春以降、その模索は停止しているように思える。そのため、何か混乱をしているような気がする。

ここで、大分トリニータの優勝の重要性のもうひとつのポイントである。そのポイントとは、この優勝で、ペリクルス・シャムスカ監督が、オズワルド・オリヴェイラ監督に並び、ポスト岡田、次期日本代表監督候補として申し分ない説得性を持ったことだろう。この2人の監督は、いずれはブラジル代表を率いる可能性も高い。ドゥンガが解任ということになれば、その時期は早まるかもしれない。

監督とは、ビジョンを持つものであり、基本的には与えられた戦力で、最大の効果を得るため腕前が求められる。
クラブ経営も、まずビジョンありきである。

これを、大分の優勝は教えてくれたと思う。

|

« 結婚と家族について | Main | 矢島美容室 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/42979874

Listed below are links to weblogs that reference 大分トリニータ ナビスコ杯を優勝:

« 結婚と家族について | Main | 矢島美容室 »