« 政策創見ネットリレーコラムがスタート!第1弾は、「格差と成長と嫉妬の政策論」 | Main | 残念ながら、あなたと一緒にいると私、幸せなんです »

SCANDAL

本日から、TBS日曜劇場「SCANDAL」が始まった。この枠は、元々、東芝単独でスポンサーをしていた「東芝日曜劇場」で、51年の歴史を誇る老舗枠である。

この枠での最高視聴率ドラマは、「ビューティフルライフ」、第2位が「GOOD LUCK!!」、第3位が「華麗なる一族」(全部、キムタク主演じゃん)と、ドラマ史上の伝説を作ったドラマも多い。その一方、「ハタチの恋人」や「鉄板少女アカネ!!」でコケたりして、波が激しかったりする。「サラリーマン金太郎」シリーズも、この枠だったし、田村正和のドラマシリーズも多く、ぼくは「恋がしたい、恋がしたい、恋がしたい」、「パパとムスメの7日間」、「太陽の季節」とか、好きなドラマをやっている。そして、長谷川京子も、この枠で、「おいしいプロポーズ」のような「長谷川京子を見るためのドラマ」を作ってもらっている。(/ω\)ハズカシーィ

そして、今クールが、「SCANDAL」。主演は、鈴木京香だ。
ドラマを見ていて、最も感動したのが、桃井かおりの妖艶ぶりだ。「すごい」「感動した」の言葉しか出ない。やっぱり名女優である。

このドラマの面白いところは、それぞれの女優が本来の持ち場とちょっと違うところだ。そのミスマッチが新たな魅力を生み出している。

普通に考えれば、鈴木京香の本来の役どころは、今回の桃井かおりのポジションだ。いつもなら、「逆ナンパゲーム」で冷静に「やめましょう」という役どころではない。どちらかと言えば、「挑発」する側。どちらかといえば、「君の名は」時代から「我慢できない」でブレークする頃の役回りだ。

それで、長谷川京子の本来の役どころが、今回の鈴木京香のポジションだ。その意味で、長谷川京子のポジションは中途半端だ。なんとなく良さが消えてしまっているようなので、少し工夫が必要かもしれない。ひとつの方向性としては、八方美人タイプのキャラで脚本を書いていくというのはアリかもしれない。

妖艶な桃井、まとめ役の鈴木、天真爛漫な吹石一恵で、純情な長谷川京子という感じがいい。

たとえば、これを男性ヴァージョンでやるとしたら、鈴木京香のポジションが相島一之、桃井かおりのポジションが西村雅彦、長谷川京子のポジションが近藤芳正、吹石一恵のポジションが筒井道隆といったところか。そうすると、スパイスとして、梶原善のポジションが必要だったりする。そして、白井晃と阿南健治を、どう使うかという感じだろうか。さしづめ、戸田菜穂が白井晃のポジション。

話の流れは、なんとなく、「奥様どっきり探偵団」みたいな流れになりそうだけど、いろいろと奥ゆかしさがありそう。戸田菜穂の「私は勝ったわ」の発言はなんだったのか。このあたりがキーポイントになりそうである。

さて、鈴木京香桃井かおり長谷川京子吹石一恵の4人の中で、結婚するとしたら、みなさんはどうでしょうか。

ぼくは、鈴木京香も捨てがたいケド、やっぱり、長谷川京子カナ・・・。
同じ学年だし。昔から好きだしね。モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

香里奈も最近お気に入りだけど。でも、やっぱり宮崎あおいはかわいいよね。

|

« 政策創見ネットリレーコラムがスタート!第1弾は、「格差と成長と嫉妬の政策論」 | Main | 残念ながら、あなたと一緒にいると私、幸せなんです »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/42846357

Listed below are links to weblogs that reference SCANDAL:

« 政策創見ネットリレーコラムがスタート!第1弾は、「格差と成長と嫉妬の政策論」 | Main | 残念ながら、あなたと一緒にいると私、幸せなんです »