« 銀座 茶良ら~SALALA~ | Main | 近々、行きたいお店 »

金融危機のゆくえ

電車に乗っていたら、ちょうどN.Y.市場が開く時間で、N.Y.ダウ急落の知らせをいただきました。

米国の金融危機については、少なくとも11月までは機動的には政策対応が打てないだろうという予測で、株価が戻ることは難しいのではないか、と考えていたので、市場関係者を含め、ある程度、「わかっていた」ことです。その意味では、想定の範囲内で危機管理ができるのではないかと思われます。

日本の株価についても、麻生内閣は上げ要因にはならない、ということも、今のところ、当たっています。

これで、選挙ができなくなったという意見もありますが、市場関係者にとっては、麻生内閣は、現時点では、暫定政権。レームダック政権であると認識されていると思います。すなわち、麻生内閣が続くにしても、小沢内閣に変わるとしても、与謝野内閣になるとしても、選挙を超えて、本格政権を作ることこそが市場への強いメッセージになるのではないかと思います。

米国の金融危機は、11月の大統領選挙後に新たなステージに入ると考えられます。あと一か月、危機管理を続けることが重要ということでしょう。

|

« 銀座 茶良ら~SALALA~ | Main | 近々、行きたいお店 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/42711453

Listed below are links to weblogs that reference 金融危機のゆくえ:

« 銀座 茶良ら~SALALA~ | Main | 近々、行きたいお店 »