« 色紙を買いに行ったら | Main | 若い世代が日本の未来を語らなければならない »

最近の女優事情

先日、好みのタイプを芸能人で言ったら、という話になって、ぼくは、変わらず、「石原さとみ」とか「宮崎あおい」とかかな、と発言。「ただ、石原さとみの唇は、あんまり好きではないかな」というと、先日、このブログでも取り上げたように、「あれが流行っているんですよ」というご指摘をいただき、ネットで調べてみたところ、確かに、唇整形は流行っているようでした。

ということを思い出したので、最近、活躍している女優を年齢別に整理してみました。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
1979年生まれ:仲間由紀恵
1981年生まれ:柴咲コウ
1982年生まれ:深田恭子
1983年生まれ:水川あさみ
1985年生まれ:上戸彩、宮崎あおい、貫地谷しほり、加藤ローサ、綾瀬はるか
1986年生まれ:石原さとみ、上野樹里
1987年生まれ:長澤まさみ、井上真央
1988年生まれ:榮倉奈々、新垣結衣、堀北真希
1990年生まれ:谷村美月、福田沙紀
1991年生まれ:北乃きい、朝倉あき
1992年生まれ:加地千尋
1993年生まれ:志田未来、大後寿々花
1996年生まれ:美山加恋
1997年生まれ:森迫永依

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

このように、まとめてみると、1985年生まれが、なかなかの実力派揃いですね。少し前に、U-21女優ブームということで、1985年ぐらいから1988年生まれまで、ある種の一世代的に注目がされていましたが、確かに、今の映画・ドラマの主演級が揃っていますね。

宮崎あおいは、すでに、「篤姫」で、ものすごい貫禄だし。「純情きらり」のときは、かわいらしく、さらに、「NANA」のハチ役のときは、感動ものでした。1985年組のエースと言っても過言ではないでしょう。石原さとみもコンスタントに仕事していて順調ですよね。

そして、いま、ネクストジェネレーションが注目をされているようであります。やはり、この世代のエースは、志田未来でしょう。14歳にして、「14歳の母」で主演し、大ブームを起こし、「女王の教室」で天海祐希を驚愕させ、そして、「正義の味方」でも無難に主役を演じるなど、すでにポスト宮崎あおい第1候補です。

個人的には、北乃きいも好きなのですが、実は、あまり名前は知られていないようですね。「「ライフ」でいじめられていた方の娘」、というと、「あー」とわかっていただけます。ちなみに、「いじめていた方の娘が福田沙紀」で、福田沙紀は、「不信のとき」で、石田純一が演じる小柳新吾と付き合っているという役どころでした。そのころに比べて、かなり顔が変わってきていますね。

さて、そして、その次の世代で期待されるのは、美山加恋と森迫永依ですね。このコンビ、実は、スペシャルドラマの方の「ちびまる子ちゃん」で、まる子(森迫永依)、たまちゃん(美山加恋)コンビです。すでに、長澤まさみ、上野樹里のラストフレンズ・コンビのような黄金コンビを組んでいます。

ということで、女優界は安泰ということですね。問題は、男優の方でしょうか。なかなか20代で良い役者が成就しないですね。それが心配です。その理由は・・・。(以下、自粛)

|

« 色紙を買いに行ったら | Main | 若い世代が日本の未来を語らなければならない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/42770290

Listed below are links to weblogs that reference 最近の女優事情:

« 色紙を買いに行ったら | Main | 若い世代が日本の未来を語らなければならない »