« 経済対策と市場制度 | Main | 新・研究テーマ »

男の美学

やっぱり、最後は、自分の尊厳のため、誇りのために戦うということだと思う。

それが、どんな不利な戦いでも、負けることがわかっている戦いでも、命を賭して誇りを守る。

金銭欲でも、物欲でも、食欲でも、性欲でも、睡眠欲でもない。名誉でもない。

自分の誇り、プライドのために死ぬことが生き様だと思う。

武士とは死ぬことと見つけたり。

生き延びて、虜囚の辱めを受け、処刑されるよりも、戦場にて散る。

新撰組でも、近藤勇より土方歳三に人気があるのは、近藤は野田で投降して処刑されたのに対し、土方は函館まで戦い、戦場の露として消えたことにあるのではないかと思う。

山本勘助も、川中島の戦いで、啄木鳥作戦が失敗に終わった後、上杉軍に突撃し、散っている。

織田信長は、本能寺に火の中に消えた。

「人間五十年、下天のうちをくらぶれば、夢幻の如くなり。ひとたび生を受け 滅せぬもののあるべきか」

すべては誇りのために。

|

« 経済対策と市場制度 | Main | 新・研究テーマ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/42932222

Listed below are links to weblogs that reference 男の美学:

« 経済対策と市場制度 | Main | 新・研究テーマ »