« 男たるもの椎名桔平たれ! | Main | ダイヤモンドは永遠に輝き続けるか? »

ギャラリーフェイク

ぼくの好きなマンガのひとつに、細野不二彦作の「ギャラリーフェイク」がある。

主人公の藤田玲司は、元ニューヨーク・メトロポリタン美術館のキュレーター。プロフェッサーの異名を持つ。今は、贋作専門のギャラリーフェイクのオーナー。しかし、実態は、盗難などで裏ルートで流通している真作の売買をしている。なによりも「美(芸術作品)」にすべてを捧げた男である。

実は、全編を読んでみると、ひとつのテーマがある。それは、もうひとつの幻の「モナ・リザ」を追い求めている。最終話で、もうひとつの「モナ・リザ」が見つかるも、ふたたび、手から離れることになる。

彼は、すべてにおいて、「真の美」を優先する。それゆえに、周囲から勘違いされ、そして煙たがられている。
そして、彼の唯一の理解者が、サラ・ハリファという彼のアシスタントである。彼女もまた、「真の美」を知る者である。

ギャラリーフェイクのストーリーで、最も好きなのは、文庫本版第9巻の「メトロポリタンの一夜」

ぼくもニューヨークに行ったとき、メトロポリタンに行き、「メトロポリタンのカバ」グッズを買ってきました。

世界の芸術作品を見ると、至福の時間を堪能することができます。

|

« 男たるもの椎名桔平たれ! | Main | ダイヤモンドは永遠に輝き続けるか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/42749347

Listed below are links to weblogs that reference ギャラリーフェイク:

« 男たるもの椎名桔平たれ! | Main | ダイヤモンドは永遠に輝き続けるか? »