« 「『中大総政』卒業生の集い」のご案内 | Main | 「検証 格差拡大社会」(日本経済新聞社)の広告が掲載されました »

隣のカップル(?)のほほえましい会話

今日は、ひとりで、名古屋で、寂しく夕食を食べていたら、隣のカップル(?)の会話がなかなかほほえましかった、というお話。゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

年齢は、20歳代前半。たぶん、大学卒業後2年目ぐらいだろう。
最初は、カップルだと思ったのだが、よくよく話を聞いてみると、カップルではなく、大学時代の友人という感じであった。

大学は、関西方面で、女の子が、仕事の関係で、こちらに来ているみたいで、男の子は、東京か関西方面で仕事しているらしいです。それで出張(それも少し滞在型かな?)で、やってきたという感じです。

それで、日々の仕事のこととか、通勤に時間がかかることとか、友人たちの近況とかを男の子が話しているの。それを女の子が、「へぇー、そうなんだー」とか「すごーい」、「たいへんだねー」と、ひとつひとつに優しく反応していた。

仕事大変なの?」
12時ぐらいまでのときもあるんだよね。早い時は、早く帰れるんだけどね
すごーい

という会話が聞こえました。

そのとき、フェルディナント・ヤマグチ氏的に「ぼくが、君ぐらいの年齢のときは、毎日、日付が変わる前に家に帰っていたことはないし、限りなく非人間的な生活をしていたぞ、うんうん」と、心の中で、温かくつぶやき、ネギを口に運びました。

でも、ホントに、ほほえましくて、隣のぼくも幸せになれ、心温まりました。
そういうほほえましい友人って、大切ですよね。

※ちなみに、昨夜は夜中にお腹がすいて、スパゲッティを作りました。(関係ないけど)

|

« 「『中大総政』卒業生の集い」のご案内 | Main | 「検証 格差拡大社会」(日本経済新聞社)の広告が掲載されました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/42605227

Listed below are links to weblogs that reference 隣のカップル(?)のほほえましい会話:

« 「『中大総政』卒業生の集い」のご案内 | Main | 「検証 格差拡大社会」(日本経済新聞社)の広告が掲載されました »