« あなたとは違うんです | Main | 麻生幹事長の失言癖 »

サザンソングが流れている間に、君と僕の答えは出てしまうかも

クリスマスキャロルの流れる頃には、君(麻生太郎)と僕(福田総理)の答えもきっと出ているだろう~、的なことを先日、書きましたが、サザンソングが流れている間に、君(麻生太郎)と僕(福田総理)の答えは出てしまうかもしれません。

麻生幹事長が後継総理の軸のようですが、そうは問屋が卸さないのではないでしょうか。

麻生総裁という選択肢は、自民党の分裂含みでの選択となります。麻生内閣ということになれば、小泉さんは、きっと「黙っちゃおられん!」ということになる可能性があります。

今回の総裁選、反麻生グループからは、小池百合子元防衛大臣が候補者に担がれそうです。(中川秀直氏が直接出馬する可能性は少ないでしょう)

小池元防衛大臣が改革路線の継続を訴え、麻生幹事長は、改革路線からの脱却(転換)を訴える。

福田総理のスタンスは、改革路線からの転換ではなく、あくまでも「修正」。ここが麻生幹事長との違いです。

ここで、頭の体操です。
改革継続路線が勝つためには、どうすればいいのか

ここでポイントは、改革路線への批判にどのように対応するか、ということになります。ここで、与謝野馨経済財政担当大臣が一夜限りの幻の総裁候補となり、政策提案を行った上で、改革路線の継続グループと政策協定を結ぶという形にします。そして、「小さくて効率的だけども、温かい政府」というハイブリッド路線で、麻生幹事長と戦うということです。

さらに、麻生幹事長に、古い自民党のイメージを強く付けてしまうことです。つまり、景気対策は、「経済対策ではなく、選挙対策であり、バラマキだ。これじゃあ、昔の自民党と一緒だ」と。

ここは、やはり小泉総理に表舞台に出てきていただいて、インパクトある演説を一発お願いすると。
「やはり、いざというときに、立たなければ意味がないわけです」みたいな感じのことで盛り上げると。

福田さんの辞任のタイミングとしては、ハンドリング行使できる最後のチャンスだったと思います。もう少し、追い込まれたら、本当に、そのまま禅譲になってしまうわけで、それであれば、麻生さんでも、他の人でも選挙には勝てません。

だから、今回の辞任は、自らの身を挺しての自民党を負けさせないための積極的な辞任、高度な政治戦略であると考えます。総理の座に固執しない、「あざやかな退任」だと思います。

|

« あなたとは違うんです | Main | 麻生幹事長の失言癖 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/42359229

Listed below are links to weblogs that reference サザンソングが流れている間に、君と僕の答えは出てしまうかも:

« あなたとは違うんです | Main | 麻生幹事長の失言癖 »