« のちほど、法廷でお会いしましょう | Main | クラゲ、流れ星 »

哲学の共有

強いチームなり組織を作るために必要なのは、優秀な選手を揃えることではない。哲学を共有することだ。

選手には、目指すべき目標、規律を共有し、自己をコントロールすることのできるインテリジェンスの高さが求められる。

現代においては、選手にはスマートさ(賢さ)が求められる。チームに貢献するために、自分が、どのようなプレーをすればよいのかを判断できる能力である。

これはスポーツだけではなく、会社などの社会でも同じことが言えるだろう。社員は、企業の哲学をじゅうぶんに理解し、その企業の抱える目標に向けて、社員それぞれがスマートにコミットすることが重要である。

もちろん、営利企業だけではなく、非営利団体や公共機関にも通じることだ。

こうしたチームを作り上げるためには、厳格な教師が必要だ。厳格ながらも、その仮面の裏側には優しさが滲み出る、そんな教師である。

戦略や戦術は、そうしたチームの基盤の上に成り立つものだ。

日本サッカーは、ひとつのサイクルが終わった。トルシエは厳格な教師として、黄金世代に哲学を埋め込んだ。そして、黄金世代は、ワールドユースで準優勝を果たす。世界まで、あともう少しで手が届いた時代は終わった。

もういちど、犬飼会長の下、厳格な教師とともに新しい哲学の導入から始めなければならない。

|

« のちほど、法廷でお会いしましょう | Main | クラゲ、流れ星 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/42243732

Listed below are links to weblogs that reference 哲学の共有:

« のちほど、法廷でお会いしましょう | Main | クラゲ、流れ星 »