« 法をどのように使うか | Main | 官僚たちの夏 »

もえたん

平仮名で書くと、なんとなく、柔らかいイメージである。「モエ担」のことである。「もえ」は、山口もえのことでもなければ、福田萌のことでもない。「萌え」でもない。MOE(Ministry of Environment)のことである。
(福田萌ちゃんの担当になれるのであれば、それはそれでいいかもしれないけど)

昔、MOF担と呼ばれる人たちがいた。銀行で言えば、企画部主任調査役というようなポジションだろうか。MOF担になるということは、一選抜中の一選抜、すなわち、同期のエースと言われた。MOF担は、人的なネットワークを作り、情報収集することが仕事である。つまり、大蔵省の銀行検査の情報を察知したり、さまざまな行政情報を収集し、銀行の経営企画に貢献していた。しかしながら、過剰接待などの問題が提起され、凋落した。

個人的には、業界ヒアリングを通じて、業界と行政がコミュニケーションを取ることは重要だと思う。しかし、やはりレベルの問題だろう。そこは、公平でかつ公正なコミュニケーションでなければならない。

そうしたことが、いまや、財務省ではなく、環境省向けに行われているということである。だから、MOE担である。金融機関というより、むしろ、商社ということだろうか。もしくは、ロビイスト。

「もし、違う人生を選びなさい」と言われたら、あなたはなんと答えますか?現在の人生は、絶対に選べなくて、必ず、違う人生を選ばなければならない場合です。

国Ⅰの試験を受験して、経済産業省に入省することか、もしくは銀行のMOF担というところだろうか。

|

« 法をどのように使うか | Main | 官僚たちの夏 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/41808377

Listed below are links to weblogs that reference もえたん:

« 法をどのように使うか | Main | 官僚たちの夏 »