« 西丸記者のことばー官僚たちの夏より | Main | マーケットの乱気流:米国政府とFRBのクレバーの決断は? »

挨拶は、「おたがいさま(人間関係)」の原点

挨拶というのは、重要だ。だからといって、別に、特別な挨拶はいらない。
「おはよう」

「こんにちは」

「おつかれさま」

挨拶だけではなくて、「ありがとう」と「ごめんなさい」も必要だ。

多くの言葉はいらない。飾った言葉もいらない。素朴な言葉でも、心がこもっていれさえいれば。

たとえば、机一個分しか離れていなかったり、1mも離れていない、そこには壁もなければ、隔てるものは何もない。そこにその人がいることがわかっている。そうであれば、「こんにちは」もしくは「おつかれさま、お先に」という、簡単な挨拶をするものだと思う。

そういうところから、コミュニケーションが始まり、信頼が積み重なっていくということではないか。

だから、何事も、挨拶から始めよう。何も難しいことは必要ない。「おはよう」「こんにちは」「おつかれさま」の一言だけでいい。相手に、そっと声をかけてみよう。そこから、人間関係が生まれる。人間関係というのは、「おたがいさま」ということだと思う。つまり、「助け合い」。「互酬性」。

「どうもありがとう」

「いやいや、おたがいさまだから」

これが人間関係である。

挨拶をしないということは、その人との人間関係の構築を望まないというメッセージかもしれない。
それは、ひとつの考え方だけど、相手に、そういうメッセージとして伝わるということは理解しておいた方がいいと思う。

始めよう、挨拶運動。そこから「おたがいさま」が始まる。

|

« 西丸記者のことばー官僚たちの夏より | Main | マーケットの乱気流:米国政府とFRBのクレバーの決断は? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/41837267

Listed below are links to weblogs that reference 挨拶は、「おたがいさま(人間関係)」の原点:

« 西丸記者のことばー官僚たちの夏より | Main | マーケットの乱気流:米国政府とFRBのクレバーの決断は? »