« 「日本のM&A」がM&Aフォーラム賞正賞を受賞しました | Main | 法をどのように使うか »

内閣改造は、五輪後?

洞爺湖モードも終わり、首相官邸には、福田総理がお戻りになられたことと思います。
これで、記者会見中に携帯電話が鳴ったとしても、官房長官はお悩みにならなくても良いかもしれません。

次のポイントは内閣改造の時期。このまま臨時国会に入るかというと、そうではないだろうと思います。
ポイントは不確定ながら、どこかのタイミングで内閣改造を行うはずです。同時に、党役員人事も動かすでしょう。

ただ、来週は、永田町のセンセイ方は、外遊に行かれることが多いので、たぶん改造はないかと思います。
そうすると、翌週かといえば、五輪直前ということで、動くのは、あまり得策ではないでしょう。

臨時国会は、給油法案の関連で、8月下旬から開ける予定です。そうすると、五輪後から臨時国会までの間に、改造を行うという説が最も有力ではないでしょうか。

そして、いよいよ選挙モード。

|

« 「日本のM&A」がM&Aフォーラム賞正賞を受賞しました | Main | 法をどのように使うか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/41800624

Listed below are links to weblogs that reference 内閣改造は、五輪後?:

« 「日本のM&A」がM&Aフォーラム賞正賞を受賞しました | Main | 法をどのように使うか »