« 滅びの美学 | Main | 「日本のM&A」がM&Aフォーラム賞正賞を受賞しました »

1963年の夏 そして45年後の夏

本命であった佐橋滋企業局長(次官待ちポスト)が、突如、特許庁長官に転任するという人事が行われた。佐橋局長の代わりに、松尾金蔵次官の後任となったのは、佐橋局長の同期の今井善衛特許庁長官であった。翌年、今井次官は勇退し、佐橋特許庁長官がその後任となった。これが1963年と1964年の夏の出来事である。

それから45年後、再び、同じような出来事が起きた。本命の鈴木多加史経済産業政策局長が、特許庁長官に転任し、望月晴文資源エネルギー庁長官が、北畑隆生次官の後任となった。長官ポストからの次官就任は、1966年の山本重信中小企業庁長官以来の42年ぶりである。それ以降は、全て企業局長、産業政策局長、経済産業政策局長からの昇進である。

財務省は、官房長→主計局長、経済産業省は官房長→経済産業政策局長と、暗黙の次官へのコースがある。だから、少なくとも次の次の次官はある程度、想像がつく。

財務省の場合は、最近だと、理財局長→官房長→主計局長ということがコースになりつつある。経済産業省の場合は、貿易経済局長・官房総括審議官→官房長→経済産業政策局長という感じでしょうか。

ちなみに、望月次官については、既報通りというか予測があたった形になりました。

|

« 滅びの美学 | Main | 「日本のM&A」がM&Aフォーラム賞正賞を受賞しました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/41791781

Listed below are links to weblogs that reference 1963年の夏 そして45年後の夏:

« 滅びの美学 | Main | 「日本のM&A」がM&Aフォーラム賞正賞を受賞しました »