« 松阪市環境保全審議会 | Main | EURO2008 »

民主党大統領候補

民主党予備選を完走し、いよいよ民主党の大統領候補が決まった
共和党の大統領候補であるマケイン候補と本選を戦うのは、バラク・フセイン・オバマ候補だ。

オバマ候補の大統領候補指名獲得の可能性については、本ブログでも早い段階から予測していた。その点では、オバマ候補が事実上の指名を獲得したことにより、私自身の政策アナリスト(?)としての面目も守れたと、ほっと一安心している。

2008年の米国大統領選挙は、米国にとって、最大の挑戦となり、さらには、最大の「変化(CHANGE)」をもたらすかもしれない

民主党としては、まずは、党の分裂の修復を行わなければならない。一部報道で、ヒラリー・クリントン氏が副大統領指名を受諾する可能性が指摘されている。

オバマ・ヒラリーのコンビは、ホワイトハウス奪回を狙う民主党にとって、最強のカードになるだろう。
また、ヒラリー・クリントンにとって、大統領候補指名を事実上断念する現在、次善のカードは、副大統領を目指すことである。今夜、ヒラリー・クリントン氏が撤退を明言しなかったというのは、いま、その条件交渉が始まっているということを表しているのではないかと予測される。

さて、私自身は、日本の保守政党の最後の切り札になりたいと考えている。
パンドラの箱を開けたとき、全ての絶望が飛び出した。しかし、最後に残ったものは、「希望」なのである。この乱世に身を賭し、日本の未来に殉じる覚悟をしたいと思う。時代が求めるのであれば、内閣総理大臣の重責・大任を引き受けたいと考えている。

|

« 松阪市環境保全審議会 | Main | EURO2008 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/41429807

Listed below are links to weblogs that reference 民主党大統領候補:

« 松阪市環境保全審議会 | Main | EURO2008 »