« オマーン戦後会見 | Main | ツイていないこと »

島耕作と竹中治夫

島耕作の生声をお聞きになりたい方は、こちらをどうぞ

『金融腐蝕列島【完結編】 消失』を読み始めました。今回は、UFJ銀行誕生から東京三菱との合併までのお話のはずです。主人公は、竹中治夫。

スーパーサラリーマンが島耕作だとすれば、スーパーバンカーが竹中治夫という感じでしょうか。

この2人の共通点。出世はしているが、家庭は崩壊している。根っからの仕事(中毒)人間。さらに、離婚経験があり永遠の恋人がいる、というところです。

違う点は、竹中治夫は、清水麻紀という恋人だけだが、島耕作は、大町久美子という永遠の恋人はいるものの、他にも、いろいろと行く先々で恋人ができるということ。つまり、モテ度合いが異なります。

さらに、竹中治夫は、清水麻紀との結婚は、ほぼ既定路線となっているが、島耕作は、まだ、どうなるかわからないということ。しかし、島耕作の会見によれば、結婚もタイミングが合えばと言っているので、「社長 島耕作」の間に、大町久美子との結婚があるかもしれません。

島耕作全集第Ⅰ期を購入し、課長島耕作を読みなおしつつ、金融腐蝕列島を読んでいます。
なかなか人生を考えさせられます。

Team Policy Dragonの主人公の福沢俊明も、こんなプレイボーイとして描きたいという欲望が出てきています。(僕が、プレイボーイとはほど遠い人間なもので。)

|

« オマーン戦後会見 | Main | ツイていないこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/41410522

Listed below are links to weblogs that reference 島耕作と竹中治夫:

« オマーン戦後会見 | Main | ツイていないこと »