« フェイク vol.1 彼女は死んだ | Main | EURO終戦 »

もしも島耕作だったら&原稿が1本終わる

今日は、プライベートで、ちょっと落ち込みモードになりました。ちょっとマイナスが続いているので、幸運の女神様から幸運をもらわなければ。

まずは元気になるために、午後に、本屋さんに行って、「部長 島耕作」と「ヤング島耕作」を買ってきました。なぜ、そうしたかというと、こういうとき、島耕作だったら、どうしただろうな、どんなことを言っていたかな、というのを調べるためです。

そして、研究室のソファの上でポテトチップスを食べながら、「島耕作」を熟読しました。

「島耕作」を読んで元気になったので、論文執筆活動を再開いたしました。そして、なんとか書きあがりました。
論文は、「汚職と政治経済システムとの関係についての考察-政治的及び経済的データによる第1次的接近-」というタイトルで、公共選択学会にて報告予定です。

そうしたら、本日、新しい原稿の依頼を頂きました。(ありがとうございます)

次の締め切りは、8月末、そして、9月末、10月末、11月末と続いていきます。

|

« フェイク vol.1 彼女は死んだ | Main | EURO終戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/41572694

Listed below are links to weblogs that reference もしも島耕作だったら&原稿が1本終わる:

« フェイク vol.1 彼女は死んだ | Main | EURO終戦 »