« ジョゼ・モウリーニョ、ミラノへ | Main | 大臣占い »

もうひとりの恋人

僕は、空の上から、窓の外の暗闇を、ただ漠然と見下ろしていた。
静かにジャズの音色がイヤホンを通して聞こえてくる。昔、何度か聞いた覚えのある曲であったが、その曲名は思いだせなかった。

いま、僕は、なぜ、ここにいるのだろうか。

もちろん、この疑問は、存在論とか哲学的な疑問ではなくて、簡単なものである。つまり、「僕は、なぜ、この飛行機に乗っているのだろうか」という疑問である。

僕は、ほのかちゃんという女性のアドバイスに導かれ、そして、このシャルル・ド・ゴール行きの夜間飛行に身を委ねているのだ。

変化が訪れたのは、2週間前の金曜日であった。

僕の恋人(恋人という定義が定かではないから、もしかすると、彼女からすれば、恋人ではないと言うかもしれないけど)は、突然、僕の前から姿を消してしまったのであった。

その日から、今日までの2週間、僕にとっては不思議なことばかりが、僕の身の回りに起きたのであった。
そして、その身の回りに起きたことから、僕は、人間の尊厳、生きることの意味、死への畏怖、さまざまなことを学ぶのであった。

僕の恋人には、もうひとりの恋人がいた。それは、ずいぶん前から知っていることだ。僕は、そのことを知ったとき、意外と冷静であった。少なからず、そんなところだろうと、妙に納得をしてしまった部分もあった。今まで、不可解なことの謎が全て解けたような、少し晴れやかな気持ちを感じるほどであった。

もちろん、そうは言っても、悲しみとか嫉妬とか、そういう負の感情が全く無かったというわけでもなかった。しかし、不思議ながら、怒りとかそういう感情は生じなかった。

たぶん、僕が、なぜ、パリ行きの飛行機に乗っているのか、そして、最終目的地であるブリュッセルに向かっているのか、という話をするためには、少なくともこの2週間の時間は遡らないといけないだろう。

あの朝、彼女は、僕が朝食用に作った朝食用のトーストとサラダ、そして、一匹の猫を残して、突然、姿を消してしまったのであった。猫の名前は、ユキと言った。ユキという名前は、後から気が付いたのだが、彼女のもうひとりの恋人の名前であった。

つまり、彼女は、彼女のもうひとりの恋人である幸雄と、僕と一緒にいるときに横にいる猫のユキと、いずれにしても、もうひとりの恋人とずっと一緒にいたことになる。少なくとも、気持ちは、僕には向いてはいなくて、人間か猫かという違いはあるにしろ、いつもユキという男に向いていたということになる。

==================================

続きは、"shumpei 24 Club"で連載いたします。
ご希望の方は、ぜひご入会ください。(入会方法などについては、後日、ご報告いたします)

|

« ジョゼ・モウリーニョ、ミラノへ | Main | 大臣占い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/41376102

Listed below are links to weblogs that reference もうひとりの恋人:

« ジョゼ・モウリーニョ、ミラノへ | Main | 大臣占い »