« マンチェスターユナイテッドの優勝 | Main | 政権維持戦略は、「果報は寝て待て」「待てば海路の日和あり」 »

代表監督とクラブ監督

代表監督とクラブ監督の最大の違いは、選手と一緒に、日常を過ごせるかどうかだ。

代表監督は、自分のチームコンセプトに合わせて、かなり広い自由度で、選手を選抜し、チームを作ることができる。クラブ監督は、補強には限界があるが、選手を日々、トレーニングすることができる。

代表監督は、選手を、クラブから預かってチームを作るが、クラブ監督は、自分の選手である。

この点で、代表監督は、自分で選手のトレーニングができないことに歯がゆさを感じる。トレーニングについては、チームに要望を出すことはできても、決めるのは、チームであり、クラブ監督だ。

だからこそ、代表監督には、信念と哲学と、一貫した方向性が必要だ。
それをメッセージとして、各チームに伝えていくということが求められる。

|

« マンチェスターユナイテッドの優勝 | Main | 政権維持戦略は、「果報は寝て待て」「待てば海路の日和あり」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/41189247

Listed below are links to weblogs that reference 代表監督とクラブ監督:

« マンチェスターユナイテッドの優勝 | Main | 政権維持戦略は、「果報は寝て待て」「待てば海路の日和あり」 »