« ロケットスニーカー | Main | 『中央大学大学院ガイド2009』に掲載されました »

講師 矢尾板俊平

実は、この数日間、かなり精神的にダウン状況でした。

精神的疲労というか、なんとなく、思考がネガティブ、悪い方、悪い方に行くという悪循環で、さらに、その悪循環の中で、思考がどんどん悪い方向に発展していく、ということの繰り返しでした。最初は、とりとめのない不安と若干の寂しさから始まります。

そんなとき、その思考の悪循環にブレーキをかけてくれる人がいるということは、とてもありがたいことです。
そのような人こそ、大切にしたいと思います。

いよいよ「社長 島耕作」が来週から始まります。5月28日には、島耕作自身が肉声で語る記者会見が行われるらしいです。

「課長 島耕作」はテレビドラマ化。島耕作役は、高橋克典とのことです。

「島耕作」は、けっこう人生のバイブルです。島耕作には、いつも励まされます。
たびたび起こるピンチ、ラブロマンス。バラエティ豊かな人生です。

大町久美子とのラブストーリーの結末は?

島耕作のシーンで好きなシーンは、いくつかあるのですが、やっぱり課長島耕作のラストから第2話目(step.174 IT MIGHT AS WELL BE SPRING)の大町久美子とのシーン。

久美子「そんなつまらない理由で私を雇わないで」
久美子「私を雇う理由は 常に私を 自分の近くに 置いておけるから 嘘でもいいから そう言って!」
島耕作「わかった! いつもキミと一緒にいたいから 俺の下で 働いてくれ」
久美子「はい」
久美子「よろしくお願いします。課長島耕作殿」

いいですね。

|

« ロケットスニーカー | Main | 『中央大学大学院ガイド2009』に掲載されました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/41290902

Listed below are links to weblogs that reference 講師 矢尾板俊平:

« ロケットスニーカー | Main | 『中央大学大学院ガイド2009』に掲載されました »