« はじめてのiPod | Main | 2008年度担当科目 »

PIXY GrampusはARSENALに近づけるか

今週の週刊サッカーダイジェストの主たる特集は、「PIXY GrampusはARSENALに近づけるか」。
見事、前節でJ1の首位に立った名古屋グランパスのドラガン・ストイコビッチ監督の特集です。

今季の名古屋グランパスのサッカーは、一言で言えば、「機能美」らしい。
これは、現在、欧州で最も素晴らしいと言われているアーセナルと同じシステム。

ストイコビッチ監督には、ヴェンゲルDNAがしっかりと埋め込まれているようだ。

中西哲夫さんとの対談の中のストイコビッチ監督の言葉。

私には監督経験がないなど、いろいろと言われているようですが(苦笑)、自分のサッカーに対する考え方、あるいは哲学というものを私は信じています。怖がっていることは何ひとつないですね。新しいチャレンジではありますが、何をやったらいいか、という迷いは一切ありません

確かにたくさんの有名な監督に出会いました。アーセン・ベンゲル、ジェラール・ウリエ、スベン・ゴラン・エリクソン、イビチャ・オシム・・・。ただ、私は誰かのコピーになりたくないんです。私自身の判断で決断したい。私は、フットボールの美しさを信じています。理想とするのは攻撃的で美しいサッカー。また魅せる美しさも追求追及したいと思っています

そして、彼(アーセン・ヴェンゲル)から、自分のやることを信じなさい、トライしてみなさい、というアドバイスをもらいました(カッコ内は筆者追記)」

サッカーを理解し、選手を選び、選手の能力を引き出してあげることこそ、監督に求められる最も大切なクオリティだと思っている

それぞれが心に残る素晴らしい言葉です。

|

« はじめてのiPod | Main | 2008年度担当科目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/40902278

Listed below are links to weblogs that reference PIXY GrampusはARSENALに近づけるか:

« はじめてのiPod | Main | 2008年度担当科目 »