« 本谷有希子 | Main | 来年度の教科書 »

新作:世界のはずれで、「お前なんか大嫌いだ」とさけぶ

今日、電車に乗りながら、いろいろと作品のことを考えていたら、こんどタイトルを思い浮かびました。

世界のはずれで、「お前なんか大嫌いだ」とさけぶ

舞台用ラブコメディ作品になる予定です。

タイトルは、世界の中心で愛をさけぶのパクリじゃないか、と言われそうなんですが、その通りです。セカチューは、純愛物語だったので、その逆を行きたいと思います。すなわちっ!、映画のセカチューの主演は、長澤まさみさんだったわけですが、セカハズの主演は、沢尻エリカさんとか。そんなイメージです。
昔で言えば、大竹しのぶさん的なイメージですね。

新作のことばかり書いていると、編集側から、「いい加減に、進行形の「君は 僕の わがままな 小悪魔? or 天使?」を書いてください」と怒られそうです。こちらは、京都での打ち合わせを経て、物語を進化させるので、許してください。たぶん、登場人物が、愛憎の結果、いろいろな形で、死んでゆく、と思われます。(←また、自分の中で、物語の制約をかけてしまった・・・)

これまた、編集側から、「そうやって、思いつきで、自ら足かせを作って、泥沼にはまるのは止めてください。やぶへびやから」と怒られそうです。

Team Policy Dragonのセカンドシーズンも、第1話は書けているのですが、第2話以降が、まだなんです。こんなんで、来週から連載を開始できるのか!?

12月の頃は、2本も同時連載なんて、よくやっていたなと、自分を褒めてあげたいぐらいですね。もともと、遅筆な私なので。。。

|

« 本谷有希子 | Main | 来年度の教科書 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/40403319

Listed below are links to weblogs that reference 新作:世界のはずれで、「お前なんか大嫌いだ」とさけぶ:

« 本谷有希子 | Main | 来年度の教科書 »