« 【連載小説】[君は 僕の わがままな 小悪魔? or 天使?] Vol.3:風花(8) | Main | 扁桃腺が腫れました »

WiCKED

引き続き、劇団四季「WiCKED(ウィキッド):誰も知らない、もう一つのオズの物語」のお話。

日曜日の座席は、実質3列目のセンターでした。しかも、ちょうど、真ん中なのと、すぐ前で上演されているので、びしびしと迫力が伝わってきました。良席でした。

楽曲の中では、 No One Mourns the WICKEDとDEFYING GRAVITYが好きです。
No One Mourns the WICKEDは、グリンダの高音部分が良いです。

"AND GOODNESS KNOWS
THE WICKED'S LIVES ARE LONELY
GOODNESS KNOWS
THE WICKED DIE ALONE
IT JUST SHOWS WHEN YOU'RE WICKED
YOU'RE LEFT ONLY
ON YOUR OWN..."

のところが良いですね。あと。

ALL "THE WICKED DIE ALONE"

GLINDA "SHE DIED ALONE"

ALL "NO ONE MOURNS THE WICKED"

GLINDA "GOOD NEWS!"

ALL "NO ONE MOURNS THE WICKED"

GLINDA "GOOD NEWS!"

の部分ですが、GLINDAの高音には、深い意味があるのが、物語を見終わるとわかります。
これは、歓喜よりも悲しみなんですね。それがALLとGLINDAで、対称的なのが、味を引き出しています。

DEFYING GRAVITYは、

"IT'S TIME TO TRY
DEFYING GRAVITY
I THINK I'LL TRY
DEFYING GRAVITY
AND YOU CAN'T PILL ME DOWN..."

"I REALLY HOPE YOU GET IT
AND YOU DON'T LIVE TO REGRET IT
I HOPE YOU'RE HAPPY IN THE END
I HOPE YOU'RE HAPPY, MY FRIEND..."

の2節がいいですね。

これは、もう、ロングラン決定ですよね。
日本に、ウィキッド・ブームが、もっと、すごいことになるのは、間違いないです。
映画化もあるかも。(むしろ、映画化の際には、脚本・演出をやりたい)

|

« 【連載小説】[君は 僕の わがままな 小悪魔? or 天使?] Vol.3:風花(8) | Main | 扁桃腺が腫れました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/40272261

Listed below are links to weblogs that reference WiCKED:

« 【連載小説】[君は 僕の わがままな 小悪魔? or 天使?] Vol.3:風花(8) | Main | 扁桃腺が腫れました »