« 【連載小説】[君は 僕の わがままな 小悪魔? or 天使?] Vol.2:潮風の詩(7) | Main | [連載小説:Pilot版] Team Policy Dragon: Advocacy 8 : 「日本の未来」のために (1) »

ジョゼ・モウリーニョの言葉

私は普通ではない。だから目標がどれだけ高くなっても怖気づかないのだ。目標を設定するのは我々自身なのだから。私にはチャレンジを受け入れる強さと個性がある。それに私には次のシーズンがドアをノックしている音がもう聞こえている。野心とモチベーションがふつふつと沸き上がってくる。来シーズンをスタートするために、素晴らしかった今シーズンが早く終わらないかとウズウズしているのだ

良きコーチの条件とは、戦術、スカウティング、決断力など、さまざまあるが、やはり、言語能力が非常に重要だと思う。そのコーチの哲学、思想に裏打ちされたコーチの言葉は、選手のモチベーションを上げ、人々を、時に感動させる。

また、マインドゲームになったとき、生命線は、言葉なのだ。

現在、ジョゼ・モウリーニョは、世界でNo.1と言えるほどのコーチだと言える。名選手ではなかったモウリーニョが、これほど高いカリスマ性を発揮しているのは、もちろん、戦術、スカウト、トレーニングなど、全てにおいて卓越した能力を有するからこそであるが、モウリーニョの言語能力に裏打ちされていると言える。これこそが、モウリーニョが自身がSpecial Oneと言う所以だろう。

|

« 【連載小説】[君は 僕の わがままな 小悪魔? or 天使?] Vol.2:潮風の詩(7) | Main | [連載小説:Pilot版] Team Policy Dragon: Advocacy 8 : 「日本の未来」のために (1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/40050908

Listed below are links to weblogs that reference ジョゼ・モウリーニョの言葉:

« 【連載小説】[君は 僕の わがままな 小悪魔? or 天使?] Vol.2:潮風の詩(7) | Main | [連載小説:Pilot版] Team Policy Dragon: Advocacy 8 : 「日本の未来」のために (1) »