« [連載小説:Pilot版] Team Policy Dragon: Advocacy 7 : “Star Crossed Lovers” (9) | Main | 政権スタッフ »

胸に刻むいくつかの言葉

Shumpei0802082

ベンチに一度でも座った者は、ウィルスに冒されたも同然 (ホルガー・オジェック)
「やはり現場で汗をかくほうが良い。いまの私に欠けているのは、毎日チームと一緒に仕事をするということ。指導者は若い連中と一緒に仕事ができる。そのおかげで肉体的にもグッドコンディションを保てる。全身全霊を込めてサッカーに向かい合えるのだ。これは私にとって非常に熱中できる仕事だ」

人々はお世辞ではなく、本心から私を尊敬している (ジョゼ・モウリーニョ)
「私はよく「自惚れの強い人物」だと言われているが、それは自信の表れなのだ」
「一瞬、一瞬をプレッシャーと緊張のなかで過ごす人生。これがまさしくサッカーなのだ。試合には人間性がある。プロのサッカー関係者はサッカー産業がもたらす何億という金を超えたものを持っている。それはなにか?情熱なのだ!」

先のことがわからないのは、人生では当然のこと (フランク・ライカールト)
「先のことなどわからないのは、人生では当然のことではないか。これは鼻持ちならない言葉に聞こえるかもしれない。だが私にとっては、自分を歓迎してくれると思える場所であることが重要なのだ」

知り合いの記者は、私を『建築家』と呼んだよ (ジェラール・ウリエ)

クラブの監督が直面する興奮状態が好きなのだ (アーセン・ベンゲル)
「クラブの監督は激しいプレッシャーにさらされ体力と気力を使う。ジャングルに放り出され、そこから抜け出そうともがく動物に似ていなくもない。私はクラブの監督が直面するこういう興奮状態、アドレナリンの高まりが好きなのだ」

「サッカーについて僕たちが本音で語ったこと」(安藤正純訳・東邦出版)より

指導者は選手の8倍勉強しなさい。それだけの知識がなければ指導者はつとまらない (カルロス・ビラルド)

「道標」(山本昌邦、ランダムハウス講談社)より

|

« [連載小説:Pilot版] Team Policy Dragon: Advocacy 7 : “Star Crossed Lovers” (9) | Main | 政権スタッフ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/40049261

Listed below are links to weblogs that reference 胸に刻むいくつかの言葉:

« [連載小説:Pilot版] Team Policy Dragon: Advocacy 7 : “Star Crossed Lovers” (9) | Main | 政権スタッフ »