« [連載小説]いつか君にふたたび出逢うときまでに:事実と真実と嘘(6) | Main | 矢尾板俊平いろいろと語る »

Star-Crossed Lovers

今日の午前中には、ニューハンプシャーの結果が出る。その結果次第で、民主党の次期大統領候補指名のゆくえが、かなり鮮明になる。もし、オバマが、ニューハンプシャーでも勝つことになれば、予備選をリードできるだろう。また、エドワーズと連携することができれば、ほぼ「確定」の流れに持っていける。というのは、オバマとエドワーズの支持基盤は異なり、オバマ大統領候補エドワーズ副大統領候補のコンビが誕生すれば、かなり強くなるからだ。ヒラリー・クリントンは、米国のStar-Crossed Loversになってしまうのかが、ポイント。

共和党は、ジュリアーニが、どれだけハッカビーを叩けるかがポイントだろう。フロリダまでに、ジュリアーニが行うことは、挑戦者を一人に絞らせるということだ。

さて、大統領選挙について、東京財団のWEBページで、久保文明先生が、アイオワのレポートを掲載している。必読レポートです。また、各陣営のアドバイザーリストも面白い。オバマ陣営の外交政策アドバイザーは、ブレジニスキーですか。なるほど。

オバマ候補の集会に、ジョージ・ステファノプロスが来ていたのは注目ですね。ジョージ・ステファノプロスは、クリントン政権の補佐官。The West Wingの監修もしています。だから、The West Wingは民主党政権で、クリントン政権をイメージさせるわけです。

こういうリストを見ていると、次期政権のスタッフもイメージできるから面白いですね。

日本も、こういうブレーンマップがあると面白いですね。"Team Policy Dragon"でも、いずれ、温水政権は選挙をしなければいけないだろうから、選挙の話も出てくるだろうけど、そのとき、Team Policy Dragonの面々が、どのようなアドバイザーに就任するのかが楽しみですね。

さて、昨日は、ジャズの"Star-Crossed Lovers"が聞きたくなって買いに行ったところ、売っていませんでした。残念。その代わり、なぜか目についた、大塚愛のDVD「LOVE IS BORN~4th Anniversary 2007~at Hibiya-Yagai Ongaku-Do on 9th of September 2007」を買ってしまいました。

|

« [連載小説]いつか君にふたたび出逢うときまでに:事実と真実と嘘(6) | Main | 矢尾板俊平いろいろと語る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/17627861

Listed below are links to weblogs that reference Star-Crossed Lovers:

« [連載小説]いつか君にふたたび出逢うときまでに:事実と真実と嘘(6) | Main | 矢尾板俊平いろいろと語る »