« [連載小説:Pilot版] Team Policy Dragon: Advocacy 5 : スキャンダル(4) | Main | [連載小説]いつか君にふたたび出逢うときまでに:事実と真実と嘘(10) »

予定稿?

**************************************
本日、首相(仮)は、内閣官房副長官(仮)に、人事刷新のための新人事案作成を始めるように指示。併せて、党本部において、幹事長(仮)にも党人事の刷新を指示。

首相(仮)は、「本日、人事刷新を決断いたしました。政府としては、改革を推進していくための体制強化を図りたいと思います。適材適所に人材を配置するための検討を行うように指示しました。また、党内においては、解散・総選挙に向けて体制を固める。衆議院で過半数を得る、すなわち、選挙に勝つための体制を作るように指示しました。改革政党として、今後の持続可能性を維持するためには、さまざまな改革が重要。財政健全化については、まずは歳出改革を行う。政府・与党、一致して、闘うための体制を固めたい。もちろん、私の頭の中に、ある程度のプランは、すでに持っているが、客観的な意見を聞いてみることも重要であると思い、内閣官房副長官(仮)、幹事長(仮)にレポートの作成を指示しました」と語った。

内閣官房副長官(仮)は、「総理(仮)からは、「適材適所」という指示であった。そのうえで、"keep"すべきか"releases"すべきかを整理せよ、とのことであった。われわれとしては、レポートを作成し、連休明けに、総理に上申する。最後は、総理(仮)ご自身がご判断されるだろう」と語った。

また、幹事長(仮)は、「総裁(仮)からは、与党として政府の改革をバックアップする体制と選挙に向けた体制の強化を指示された。最終的な判断は、総裁(仮)の専権事項であるが、老壮青、バランスをとりながら、体制強化を行うためのプランを週明けに総裁にお示しする」と語った。
**********************************

|

« [連載小説:Pilot版] Team Policy Dragon: Advocacy 5 : スキャンダル(4) | Main | [連載小説]いつか君にふたたび出逢うときまでに:事実と真実と嘘(10) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/17668073

Listed below are links to weblogs that reference 予定稿?:

« [連載小説:Pilot版] Team Policy Dragon: Advocacy 5 : スキャンダル(4) | Main | [連載小説]いつか君にふたたび出逢うときまでに:事実と真実と嘘(10) »