« 日本代表の攻撃オプション | Main | 寂しい2月と3月の思い出 »

チーム・矢尾板、復活?

監督・コーチとは、家族のようなものであり、同士です。(家族より一緒にいる時間は長いでしょう)
だから、監督交代になれば、コーチも一緒に動くことが多いのです。監督招聘ということになれば、一緒にコーチも招聘することになります。

監督は、自分の不得意な分野に長けている人何でも相談できるパートナーをコーチとして求めます。
チーム・モウリーニョは、バルテマル・ブリト、ルイ・ファリアが、それにあたります。チーム・フェリペには、20年以上、苦楽を共にしているアシスタントコーチ、フラヴィオ・テイシェイラがいます。

一人では何もできません。だから、チームになることで、初めて成功を成し遂げられるのだと思います。

ぼくも、いま、同じ目標を共有し、一緒に成功を成し遂げるための同士を探しております

|

« 日本代表の攻撃オプション | Main | 寂しい2月と3月の思い出 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/17757950

Listed below are links to weblogs that reference チーム・矢尾板、復活?:

« 日本代表の攻撃オプション | Main | 寂しい2月と3月の思い出 »