« 浦和レッズ惜敗(FCWC) | Main | [連載小説]いつか君にふたたび出逢うときまでに:「愛する」ということの意義について(5) »

心臓移植と生体肝移植同時手術:医龍2

Shumpei1210心臓移植生体肝移植同時手術ですか。。。最後の最後で、来ましたね、「医龍2」。だから、今回は、麻酔医2人になって、消火器外科が加わったわけですか。全ては、この手術のために。

予告を見ていると、来週は、霧島軍司も登場のようですね。野口先生のパーティーに来ているのかな?
あと、鬼頭もメスを握っているようで、もしかすると、鬼頭もチーム朝田入りですか?
確かに、伊集院が手術に入るのが時間的に厳しければ、第1助手が空いているわけで、そこに鬼頭笙子が入れば、最強・最高のチームになる。

ということで、来週は、再び、オールスター勢ぞろいという感じですね。
でも、やっぱり、稲森いずみ演じる加藤晶は出てこない感じ。やはり、大人の事情というやつでしょうか。
朝田も鬼頭も、「敵は朝田ではない」、「敵は鬼頭ではない」と。チームは、患者の命を救うためにある、ということを言っていました。だから、最終回は、鬼頭は朝田に協力をするんだと思う。

そういえば、この前、医龍の話をしていたら、「最後は、きっと、野口が痛い目に遭うんだよ」と言っていた人がいました。

今回のチームでは、政治的な役割を担う人がいないのが大変ですね。いままでは、なんだかんだと言って、問題が起きても加藤晶が対応していたけど、今回は、誰が問題を解決するのだろう。少なくとも、チーム朝田のメンバーの医師免許が危ないわけで。

ということで、来週は最終回。

次は、映画化に期待です!

|

« 浦和レッズ惜敗(FCWC) | Main | [連載小説]いつか君にふたたび出逢うときまでに:「愛する」ということの意義について(5) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/17360887

Listed below are links to weblogs that reference 心臓移植と生体肝移植同時手術:医龍2:

« 浦和レッズ惜敗(FCWC) | Main | [連載小説]いつか君にふたたび出逢うときまでに:「愛する」ということの意義について(5) »