« [連載小説:Pilot版] Team Policy Dragon: Advocacy 2 : 常識を疑え (4) | Main | 心臓移植と生体肝移植同時手術:医龍2 »

浦和レッズ惜敗(FCWC)

Shumpei0712091浦和レッズ‐ACミラン戦、浦和レッズは惜しくも敗れました。しかし、かなり良いゲームでした。得点できなかったのは残念ですが、欧州王者を困らせたということは確かだと思います。

セードルフの得点は、カカの左サイドからの展開ですが、あれは仕方がないと思います。相手がうまかったというしかありません。(若干、攻勢で前がかりになっていた隙を突かれた感じはありましたが)

試合を通じて、集中して、しっかりとディフェンスして、そこから、攻撃をビルドできていたと思います
課題は、得点力でしたね。ワシントン以外で、セカンドストライカーがいれば、得点できていたかもしれません。
この点では、山田が後半から出てきてがんばっていましたが、ポンテの穴は、やはり大きかったということでしょうか。

ゲームの最大の見どころは、後半22分、ワシントンが反転してのシュートを、ジダがキャッチングしたシーンでしょうか。あれは、ワシントンもジダもすごかった

ディフェンス面では、カカに仕事をさせなかったというのは、上出来だったと思います。

浦和レッズは、日曜日に、3位決定戦で、エトワール・サヘルと対戦。

さて、UEFA CLの方では、ジーコ監督率いるフェネルバフチェ決勝トーナメントに進出。フェネルバフチェは、昨年、トルコリーグを優勝するなど、ジーコ監督就任以来、乗ってますね。ジーコスタイルがはまっている感じです。

今日、試合を見ていて、やはり、監督をやるならば、クラブチームの監督も興味深いなと思いました。

|

« [連載小説:Pilot版] Team Policy Dragon: Advocacy 2 : 常識を疑え (4) | Main | 心臓移植と生体肝移植同時手術:医龍2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/17359599

Listed below are links to weblogs that reference 浦和レッズ惜敗(FCWC):

« [連載小説:Pilot版] Team Policy Dragon: Advocacy 2 : 常識を疑え (4) | Main | 心臓移植と生体肝移植同時手術:医龍2 »