« [連載小説]いつか君にふたたび出逢うときまでに:遠い過去の記憶(21) | Main | アメトーークと「オトコの子育て」と高橋克典さん »

医龍と大塚寧々さん

今日の「医龍」は、ガーゼオーマの摘出手術でした。
若い麻酔医の技能不足により、バッキングが発生。そこに、伊集院が麻酔の小高七海を連れてくる。

さて、大塚寧々演じる小高七海について、最後のシーンで、荒瀬が、なんとも意味深な発言をしていました。また、小高七海も、朝田に興味を持ち始めたようです。もしかすると、かなり凄腕の麻酔医なのでは??

最近、大塚寧々さんをドラマで見かけます。Dr.コトーにも出演していたし、HEROにも出演していました。なかなか、味のある演技で、ドラマ界では、かなり貴重な存在になってきたのではないでしょうか。HEROでもそうですが、不倫をしていたりとか、「ちょっと色気のある魅力的な大人の女性」という役どころが多いようですね。

大塚寧々さんのページ:
事務所のプロフィールページ写真ページ

個人的に、最近、けっこう、お気に入りの女優さんであります。(→もちろん、昔、付き合っていた女性が、「大塚寧々に似ていると言われる」とよく言っていたからではありません。)

|

« [連載小説]いつか君にふたたび出逢うときまでに:遠い過去の記憶(21) | Main | アメトーークと「オトコの子育て」と高橋克典さん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/16875140

Listed below are links to weblogs that reference 医龍と大塚寧々さん:

« [連載小説]いつか君にふたたび出逢うときまでに:遠い過去の記憶(21) | Main | アメトーークと「オトコの子育て」と高橋克典さん »