« 緊急会見予告:本日、午後11時に行います | Main | 税制再建 »

会見:新内閣の発足にあたってのごあいさつ

Yaoita20070925

矢尾板俊平でございます。本日、新内閣が発足いたしましたので、一言、ご挨拶を申し上げます。
現在、日本社会は、さまざまな課題に直面しております。少子高齢化、グローバル化、環境問題など、社会の持続性という点から考えて、非常に厳しい環境にあるわけです。このような困難を解決し、50年後、100年後の、私どもの子供、孫たちに、この素晴らしい日本という国を引き継いでいくためには、安定的でかつ勇気を持った政策運営が求められているわけでございます。

年金の問題もございます。政治とお金の問題もございます。いま、国民の皆様から、本当に政府システムはご信頼いただいているのか、政治は信頼をいただいているのか、自問自答をしてみますと、必ずしも、そのご信頼は十分ではない、政府システムや政治に対し、大きな不信を抱かれているのではないかと思うわけでございます。

政府システムへの信頼、政治への信頼を欠くことは、ひいては、日本社会、日本という国家への信頼も失っているということであります。こうした、不信、将来不安は、経済にも大きな影響を与えます。いま、日本経済のリスクは、こうした将来不安にあると考えております。

信頼回復なくして、改革なし。信頼なくして、経済成長なし。私は、このように思うわけでございます。

そこで、何よりも、まずは、国民の皆様から信頼を頂けるような政策の実施、システム設計を行っていかなければならないと思っております。

政策や政治の信頼回復に、必要なのは、パフォーマンスでもなく、ホームランでもありません。着実に、国民の皆様の生活に直結する政策を、ひとつずつ実行していくということであります。日本の将来、日本の国益を考えて、長期的、幅広い視野において最も国民の皆様にとって利益となるような仕事を実行していくことであります。

もちろん、道は険しく、多くの困難が待ち構えております。福田康夫内閣総理大臣には、その道の先頭に立っていただき、全力を挙げて、日本の未来のために、取り組んで頂きたいと思います。

ー内閣の陣容は、安倍改造内閣を基本的に踏襲するものとなったが、その評価は。

矢尾板:私は、その評価をする立場にはございませんので、差し控えたいとは思いますが、さまざまご意見があるのだろうと思います。ひとつだけ申し上げれば、現在は、臨時国会中であり、すでに2週間の政治的な空白が生じてしまっているという状態であります。混乱を最低限に抑えるということが、第一にするべき危機管理であろうと思います。その意味では、現段階では、妥当な判断ではないかと思います。

ー国会運営ですが、今後、政府与党としては、どのような運営をするべきであると思いますか。

矢尾板:参議院においては、与党が過半数を持っていないということで、非常に、緊張感があり緊迫した状態であります。また、これは、特に、参議院で第一党の民主党の国政に対する責任は非常に大きいと思われます。党利党略ではなく、国民生活を第一に、与野党とも建設的な議論を行っていくということが重要であろうと思います。

ーこれまで総理のリーダーシップ、官邸主導という形で、政策形成が進められてきました。これに対する影響は、どのように考えますか。

矢尾板:方法は、さまざまあると思います。リーダーシップの発揮の仕方、官邸主導の方法、いろいろでしょう。福田さんも、非常に、リーダーシップをお持ちになれて、仕事をされていくのではないかと思います。

ー麻生前幹事長が入閣を固辞されたが、その点については、どういう感想を持っているか。

矢尾板:ご本人の選択の問題でしょう。これも、感想はさまざまあろうかと思います。私は、意見を申し上げる立場にはございませんので、お答えは差し控えさせていただきます。

ー福田内閣に名前を付けるとしたら、どのような名前が適当か。

矢尾板:「仕事をしよう内閣」ですかね。それだと、福田さんのお父上の内閣と同じですか。福田さんご自身は、「背水の陣内閣」と言われているようですね。

ー福田内閣に求めることは。

矢尾板:構造改革の推進、着実な実行です。この過渡期を乗り越えるためには、構造改革を進めるしかありません。あとは、経済成長が重要なのは当然ですが、そこに、やはり財政規律というものを重視してほしいということです。それと、信頼の回復ですね。そのためには、安定的な政権運営が重要だと思います。

|

« 緊急会見予告:本日、午後11時に行います | Main | 税制再建 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/16575318

Listed below are links to weblogs that reference 会見:新内閣の発足にあたってのごあいさつ:

« 緊急会見予告:本日、午後11時に行います | Main | 税制再建 »