« 檀れい | Main | ペニンシュラ東京 »

風林火山のスピンオフ

 風林火山のスピンオフとして、谷原章介演じる今川義元物語を作ってみてはどうだろうか。
 なんとなく、昨日の王様のブランチで、谷原章介を見ていて、そう思った。

 谷原章介と伊武雅刀を中心に、なんとなく、きな臭い、コミカルドラマができるかもしれない。

 今日は、小山田が死んだ。志賀城攻めで側室とした美瑠姫に寝首をかかれたのであった。最期、小山田は、勘助のことが好きだったと思う。今や、勘助は、武田家中の誰からも頼りにされ、愛されていると思う。その中で、小山田は、勘助の由布姫への想いに共感し、自分の美瑠姫への姿と重ね合わせたのだ。

 物語は、いよいよクライマックスに突入していく。川中島の戦いだ。勘助と宇佐美定満との戦略の駆け引きがみものだ。大漢風の主題歌「天下一事」にも、棋士は、相手のことを知る、というフレーズがある。勘助と宇佐美定満は、すでに、お互いを見極めている。相手のことを知っているからこそ、その戦略は二重も三重も駆け引きが必要になる。

 そして、ドラマとしては、最大の見せどころは、山本勘助の死に様だろう。板垣が、あれだけの死に様を見せたのだから、主役としては、それを超えてもらわなければならない。歌舞伎風にエールをするならば、「よっ、内野、良い死に様を見せろよ!」というところだろうか。

 おまけ:もうひとつの見どころは、やはり今川義元の死に様。織田信長のキャスティングも興味深いが、やはり、桶狭間で、今川義元が、どのように打ち取られるのか。谷原章介らしく、クールに打ち取られてほしい。その演技によっては、スピンオフもあるのでは??

|

« 檀れい | Main | ペニンシュラ東京 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/16398070

Listed below are links to weblogs that reference 風林火山のスピンオフ:

« 檀れい | Main | ペニンシュラ東京 »