« 緊急記者会見全文:自由民主党総裁選参戦表明~「信頼できる国 日本」~ | Main | 総裁選2007を盛り上げよう:国民が自ら選ぶ新総裁 »

あいまい戦術

 YESともNOとも言えない状況で、直面する問題をいかに乗り越えるか、という高等な戦術が、これからの国会で求められるかもしれない。

 郵政民営化のときは、郵政民営化に、YESではないんどけど、いろいろと考えるともNOとも言えないという議員は、本会議を欠席した。自民党の部会でも、そのような場合は、退席するという慣習があったそうだ。

 これ、実は、テロ特に関しては、民主党の方が、こうした決断を迫られるかもしれない。テロ特について、YESとは言えないし、はっきりとNOとも言えないだろう。

 自民党としては、いかに、民主党にYES or NOを言ってもらうかという努力をしなければならない。再議決で決めることはできるけど、それは本意ではないだろう。

 このあたりの自民党と民主党の駆け引きが、臨時国会の見どころだろう。

 えっ、ぼくが自民党の参謀だったら、どうしますかって?それは、企業秘密です。

|

« 緊急記者会見全文:自由民主党総裁選参戦表明~「信頼できる国 日本」~ | Main | 総裁選2007を盛り上げよう:国民が自ら選ぶ新総裁 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/16483439

Listed below are links to weblogs that reference あいまい戦術:

« 緊急記者会見全文:自由民主党総裁選参戦表明~「信頼できる国 日本」~ | Main | 総裁選2007を盛り上げよう:国民が自ら選ぶ新総裁 »