« 西麻布・ケンボッケ | Main | 内閣改造の日の長い夜 »

日本経済は、本当に成長したのか?:データで読み解く日本経済の「謎」

デモクラシーファンド研究センターのWEBページで、「日本経済の疑問」という不定期のコラムを始めました。

第1回目は、労働分配率に関する問題です。

最近の格差問題などでも、指摘がなされる指標ですが、この読み方を間違えてしまうと、全く異なった意見になってしまいます。読み解き方としては、近年の労働分配率の低下は、(1)異常な動きなのか、もしくは、(2)適切な動きなのか、というとことがポイントになります。ぼくは、後者(2)であると読んでいます。

しかし、景気拡大の波及効果のようなことを考えると、いずれにしても、労働分配率の問題は考えなければなりません。

この不定期コラムでは、さまざまな指標・データを見つつ、日本経済の謎に迫りたいと思っています。
最大の謎・疑問は、近年、本当に日本経済は成長したのか、ということだろうと思います。その検証をしてみたいと思います。

|

« 西麻布・ケンボッケ | Main | 内閣改造の日の長い夜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/16239988

Listed below are links to weblogs that reference 日本経済は、本当に成長したのか?:データで読み解く日本経済の「謎」:

« 西麻布・ケンボッケ | Main | 内閣改造の日の長い夜 »