« 政策研究業界の発展 | Main | 西麻布・ケンボッケ »

デモクラシーファンド研究センターの立ち上げ

 さて、このたび、有志とともに、「デモクラシーファンド研究センター」を立ち上げました。この研究センターは、ネットワーク型シンクタンクという位置づけで、研究活動、情報発信・普及活動を中心に活動をしていければと考えております。

 もともとは、日本の民主主義を育成・発展させるためには、政策研究の活動と同時に、資金面(ファンドレイズ)、政策人材の育成面が重要になっており、こうした部分の種まきができればと考えておりました。

 もうひとつは、規制緩和などの市場化の流れの中で、市場の失敗の是正に向けて、企業に、公共性や公共精神を、どのようにもってもらうべきなのか、その部分について、ファンド面で、何かしらの仕組みが作れないか、ということを考えておりました。

 企業に、より高い社会性や公共性を持ってもらうためには、どのような形で応援するべきなのか、また、企業内部のガバナンス、マネジメントにおいて、デモクラシーの概念を、導入したとき、企業はどのように変革し、それは企業をどのように成長させるのかなどなどの問題も考えていきたいと思っております。

 ちなみに、ネットワーク型とは、分散型のスタイルで、従来のように、ある場所に、シンクタンクの機能とリソースが集中して存在するということではなく、そうした機能やリソースを、研究メンバーがそれぞれ分散的に持っていて、それを共有するというようなイメージです。また、常勤のスタッフは置かず、各研究メンバーには、オブリゲーションもなく、それぞれ本業を持っている中で、自分のやりたいことを中心に活動していくというイメージです。

|

« 政策研究業界の発展 | Main | 西麻布・ケンボッケ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27563/16208371

Listed below are links to weblogs that reference デモクラシーファンド研究センターの立ち上げ:

« 政策研究業界の発展 | Main | 西麻布・ケンボッケ »